フエニックス・コンタクト、すぐに使える産業用小型エッジPC エッジコンピューティングに必要機能を全搭載

産業用小型エッジPC「EPC 1500シリーズ」

フエニックス・コンタクトは、エッジコンピューティングに必要な機能が即利用可能なファンレスの産業用小型エッジPC「EPC 1500シリーズ」を発売した。

同製品は、IT/OT融合を可能にするPLCnext Technologyをベースとし、IT技術者のOTアプリケーション構築やOT技術者のIT技術活用ができるようになっている。具体的には、PLC用言語だけでなくC++,C#,MATLAB/Simulinkによるリアルタイム処理、Pythonなどの高級言語からも計測制御データに直接アクセス可能。Linux上のオープンソースソフトウエア(GitHub他)、第三者開発ソフトウエア(PLCnext Store他)、I/Oシステムなどの製品を使ってIT/OT両方向にシステム拡張が可能となっている。

また、エッジコンピューティングに必要な機能がエッジコクピットGUI画面で一元管理され、プリインストールされたNode-RED上では、時系列データベースや最新の計測制御データとのやりとり、演算、クラウドとの通信といった動作記述が主に視覚的に表現できる。

クラウド接続に関しても、自社のPROFICLOUDだけでなくAmazon Web Service、Microsoft Azure、Google Cloudといった主要クラウドにも容易に接続可能。このほか、時系列データベースInfluxDBがインストール済で、ローカルデータ保存、データ管理、ダウンサンプリング、長期収集対応、アラーム処理、Chronografによる視覚化も可能となっている。エッジデバイスに適したコンテナ、コンテナ管理ソフトウエアが利用可能でアプリケーションのインストールが容易となっている。

ハードウェアは、W99xH92xD46/63mmの小型ファンレスボディで、DINレールと壁取付に対応。耐環境性が求められる狭小な設置環境でも連続動作が可能なエッジPCとなっている。

https://www.phoenixcontact.com/online/portal/jp?1dmy&urile=wcm%3apath%3a/jpja/web/home

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG