【IIFES特集】DXで新たな価値を創造 三菱電機 現場からクラウドまでワンストップで実現

三菱電機は1月26日~2月25日までにオンラインで開催されるIIFESで、「Digital  Manufacturing~『新しいものづくり』時代を勝ち抜く、現場起点のDX~」をテーマに、最新のFAソリューション・機器・ソフトウエアを出展し、製造業のお客さまにDXによる新たな価値創造のあらゆる手法を提案する。また、三菱電機ウェブサイト内に専用の特設サイトを開設し、IIFES公式サイト内の「IIFES2022Online」と連動した豊富なコンテンツやオンラインセミナーを配信する。

オンラインの三菱電機ブースでは、デジタルマニュファクチャリングを現場からクラウドまでワンストップで実現した世界をメインデモで紹介。また、①設計・立ち上げ(3Dシミュレーションやロボット、AI活用による工数削減など)②製造(工場の稼働監視やAIによる省エネ診断、データ分析支援など)③運用・保守(AIによるFA機器の異常診断、回転機の予知保全など)④クラウド(AzureやAWSを使ったデジタルツインやスマート製造化など)⑤インダストリートレンド(ローカル5Gやカーボンニュートラル推進などのトレンド)⑥スモールIoT(業種特化型アプリケーションや簡単に導入できるIoTアプリケーションなど)の6つのカテゴリーごとに最新のソリューションを提案する。

(http://www.mitsubishielectric.co.jp/fa/compass/exhibition/2022/iifes2022/)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG