医療・福祉 の検索結果

安川電機 医療・福祉機器で提携 販売・レンタル事業促進

安川電機は、東京センチュリー、および子会社で代理店の安川メカトレック(東京都港区)との3社間で医療・福祉機器販売における業務提携契約を締結し、レンタル事業を開始した。 同レンタル事業で扱うのは「上肢リハビリ装置CoCoroe AR2」「足首アシスト装置CoCoroe AAD」の2機種。安川電機は独自に医療・福祉分野向けにヒューマトロニクス製の開発・製造・メンテナンスを、東京センチュリーは販売元として製品の貸し出しや回収業務を、安川メカトレックは全国の医療商社と連携し、病院・リハビリクリニック等の医療・介護福祉事業者にレンタルおよび販売促進をそれぞれ行っていく。 安川電機は長期経営計画「2025…


安川電機、医療・福祉機器販売における業務提携、レンタル事業を開始

安川電機は、東京センチュリー(東京都千代田区)および当社の子会社で代理店である安川メカトレック(東京都港区)との3社間で医療・福祉機器販売における業務提携契約を締結し、レンタル事業を開始しましたのでお知らせいたします。 当社は独自に医療・福祉分野向けにヒューマトロニクス製品の開発・製造・メンテナンスを行っていく一方、東京センチュリーは販売元として製品の貸出や回収業務を行います。また、安川メカトレックは、全国の医療商社と連携し、病院・リハビリクリニック等の医療・介護福祉事業者にレンタルおよび販売促進を行ってまいります。 業務提携の狙い 現在の医療・介護の現場では人手不足や熟練者の慢性的な不足から…


安川電機 小型関節駆動ユニット開発 医療・福祉で新市場

安川電機は、医療・福祉市場向けに小型関節駆動ユニットを開発した。 このユニットは、介助者の負担軽減の観点から、機器へ簡単に取り付けられるように減速機構と同社のACサーボドライブを一体化している。また、樹脂材料の適用や構造の簡素化により、小型・軽量を実現している。 同社では、人間とメカトロニクス技術を融合した「ヒューマトロニクス」機器の一つとして、リハビリテーション分野においての新しい訓練機器として応用を目指す。 外形寸法は、92(W)×81(D)×41(H)ミリで、質量は380グラム。


安川電機 「ロボティクスヒューマンアシスト事業推進室」設置へ 医療・福祉介護分野など

安川電機は、医療・福祉介護分野をはじめ、人と共存し、人をアシストしたり、身近で働くロボットの開発と事業拡大に向けて、9月21日付で技術開発本部内に「ロボティクスヒューマンアシスト事業推進室」を設ける。モーションコントロール事業部内にあるヒューマンアシスト事業推進チームと、技術開発本部内にあるスマートロボティクスセンタを一体化するもの。 同社は、創立100周年にあたる「2015年ビジョン」のひとつとして、先進国の少子高齢化など社会問題の課題解決に向けて、産業用ロボットを中核としながらより人に近い分野での人と共存するロボット市場の創造を目指して、ロボティクスヒューマンアシスト事業の展開に取り組んで…


安川電機 工場自動化・メカトロ拡大、25年度に営業利益1000億円目指す

安川電機は、長期経営計画「2025年ビジョン」(16年度~25年度)の見直しを行うとともに、その実現に向けた第2ステージにあたる新中期経営計画「Challenge25」(19年度~21年度)をスタートさせた。 ビジョンの見直しでは、売上高目標をなくして営業利益を最も重要な指標に据え、25年度に過去最高の1000億円(15年度367億円)と「質」の向上を目指す。   また、目指す姿を ①「Respect Life」100年の技術の蓄積を生かし、生活の質向上と持続可能な社会の実現に貢献 ②「Empower Innovation」新しい技術・領域・目標に向かい、人々の心に“わくわく”を届け…


シナノケンシ 新ブランド立ち上げ、次の100年に向け新戦略

シナノケンシ(長野県上田市)は、2018年に創業100周年を迎え、次の100年に向けた新たなコーポレートブランドとして「ASPINA(アスピナ)」を立ち上げた。 これに合わせて新戦略として、従来のモータ単体のビジネスに加えて、それらをモジュール化やユニット化して顧客の困りごとを解決する「動きのソリューション」の提供を加速し、ロボットや医療・福祉、高速通信産業など新しい産業分野や、スタートアップとの協業など新たな取組を進めていく方針を明らかにした。 新ブランド名のASPINAは、同社の創業であるSilk Spining(絹糸紡績)と、コア技術であるモータの回転を意味するSpinを両側のAで挟み、…


安川電機 足関節の動きアシスト コントローラ 4つのボタンで歩行操作

安川電機は、足関節の運動機能の低下による歩行困難者が歩行練習を行うときに足関節の動きをアシストする足首アシスト装置「CoCoroe AAD(ココロエ エーエーディー)」を1月22日から発売した。 同装置はコントローラと短下肢装具で構成されており、短下肢装具を履いてストラップで固定し、コントローラを腰部にベルトで締めるだけで簡単に装着でき、複雑なセンサの取り付けなどは不要。 歩行に求められる足首の底屈・背屈の動きをモータで補助することで、歩行練習を安全かつ長時間、反復して行うことが可能。対象者は歩行時の足関節の動きを体感することができ、今まで介助者が行うことが難しかった足関節の動きをサポートしな…


オリックス・レンテック ショールーム開設 次世代ロボット常設展示

オリックス・レンテック(東京都品川区、井尻康之社長)は、東京技術センター(東京都町田市金森3-25-3)内にロボットショールーム「Tokyo Robot Lab.」を開設した。複数メーカーの最新型次世代ロボットを常設で展示するショールームは業界初めて。 同ショールームでは、同社のロボットのレンタルサービス「RoboRen」で提供しているロボットのほか、今後新たにラインアップ予定のロボットを含めて合計11機種を取りそろえている。 同社は、2016年4月からロボットレンタルサービスを開始し、同9月から自社専任のエンジニアによるティーチングやレンタル期間中の電話サポートによって、最新のロボットを導入…


テクニカルショウヨコハマ 来月1日から3日間 5分野、635社・団体が出展

  神奈川県下最大級の工業技術・製品総合見本市「テクニカルショウヨコハマ2017(第38回工業技術見本市)」(主催=神奈川産業振興センター、横浜市工業会連合会、神奈川県、横浜市)が、2月1日~3日までの3日間、パシフィコ横浜展示ホール(C、D)で開かれる。 テーマは「未来をひらく新技術」で、出展者数は635社・団体465小間(昨年595社・団体467小間)と昨年を大きく上回る社数となった。開場時間は午前10時~午後5時。入場は無料。 展示は大きく、「ビジネスソリューション」、「生産(加工技術)」、「生産(機器・装置・製品)」、「環境・エネルギー/健康・医療・福祉」、「産学公・企業間ネ…


安川電機/脊髄損傷アシスト装置 スポーツクラブで実証実験

安川電機は、スポーツクラブ事業を展開するルネサンスの「元氣ジム湘南深沢店」(神奈川県鎌倉市)で、脊髄損傷者用の歩行アシスト装置「ReWalk」、および脳血管疾患者用の「足首アシスト装置」の福祉機器を使った実証実験を9月1日から開始した。 スポーツクラブ運営のノウハウを多数持つルネサンスと協業することで、より使いやすい機器の実現に向けたさらなる研究開発を目指す。 この機器の利用は肢体不自由者が対象で、常駐する理学療法士が利用者一人ひとりの身体の状態に合わせた歩行および機能訓練のプログラムを提供する。 同社は、産業自動化で培ったロボット技術を応用し、医療・福祉分野での製品開発・販売を進めており、こ…