安川電機 小型関節駆動ユニット開発 医療・福祉で新市場

安川電機は、医療・福祉市場向けに小型関節駆動ユニットを開発した。

このユニットは、介助者の負担軽減の観点から、機器へ簡単に取り付けられるように減速機構と同社のACサーボドライブを一体化している。また、樹脂材料の適用や構造の簡素化により、小型・軽量を実現している。

同社では、人間とメカトロニクス技術を融合した「ヒューマトロニクス」機器の一つとして、リハビリテーション分野においての新しい訓練機器として応用を目指す。

外形寸法は、92(W)×81(D)×41(H)ミリで、質量は380グラム。

ANSYS

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る