安川電機、医療・福祉機器販売における業務提携、レンタル事業を開始

2018年5月18日

安川電機は、東京センチュリー(東京都千代田区)および当社の子会社で代理店である安川メカトレック(東京都港区)との3社間で医療・福祉機器販売における業務提携契約を締結し、レンタル事業を開始しましたのでお知らせいたします。

当社は独自に医療・福祉分野向けにヒューマトロニクス製品の開発・製造・メンテナンスを行っていく一方、東京センチュリーは販売元として製品の貸出や回収業務を行います。また、安川メカトレックは、全国の医療商社と連携し、病院・リハビリクリニック等の医療・介護福祉事業者にレンタルおよび販売促進を行ってまいります。

業務提携の狙い

現在の医療・介護の現場では人手不足や熟練者の慢性的な不足から、器具を使ったリハビリの導入・普及が求められています。従来のヒューマトロニクス製品の販売方法では、短期間での試験運用や臨床研究での採用といった場面において、高額な初期投資がネックとなり導入の障壁となっていました。

当社は、長期経営計画「2025年ビジョン」に掲げるヒューマトロニクスの事業領域確立に向け、産業自動化市場で培ったロボット技術を応用し、医療・福祉分野での製品開発・販売を進めており、今回の業務提携で製造・販売からメンテナンスまでの一連のプロセスを連携して行っていきます。

これまでの受注生産だけではなく、レンタル事業を展開することで、より手軽で、すぐに試用いただける体制となり、医療・介護福祉事業者の方にとっては、負担の少ない条件で導入が可能となります。

本レンタル事業で取り扱うのは、脳卒中等の脳血管疾患、整形疾患などによる上肢運動機能障がいを持つ方向けの「上肢リハビリ装置CoCoroe AR2(ココロエ エーアールツー)」と、足関節の運動機能低下により、歩行が困難な方向けの「足首アシスト装置CoCoroe AAD(ココロエ エーエーディー)」の2機種となります。

3社間で業務提携し本レンタル事業に取り組むことにより、ヒューマトロニクス製品の拡販を推し進め、医療・福祉分野における営業基盤の確立を目指してまいります。

レンタル対象製品

▲上肢リハビリ装置「CoCoroe AR2」

▲足首アシスト装置「CoCoroe AAD」

参考:安川電機「医療・福祉機器販売における業務提携について」