ユニバーサルデザイン の検索結果

不二電機工業 カラーバリアフリーLEDを開発 ユニバーサルデザインに配慮

不二電機工業は、色弱者も色の違いがわかる「カラーバリアフリーLED」を開発し注目を集めている。組み込み機器をはじめ、表示などに用いられる光源はLEDが標準になりつつあり、日本に300万人いると言われる色弱者にとっても普及が待たれている。同製品は、NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構が行っている2015年度「CUD検証」に合格。色覚の個人差を問わず、できるだけ多くの人に見やすいカラーユニバーサルデザインに配慮して作られている製品が認証される。 「カラーバリアフリーLED」とは発光波長を色弱者にも色の違いを認識できる範囲に限定したLED。同社は橙(だいだい)、青緑、青の3色を展開し、表面実装タ…


特許庁19年度知財功労賞 三菱が経産大臣表彰、意匠権推進を評価

三菱電機は、特許庁の2019年度「知財功労賞」で経済産業大臣表彰の「知的財産権制度活用優良企業等表彰」を初めて受賞した。 同社は全社的な推進・事業戦略へ、社内に「知的財産センター」を設置し、他社への牽制、模倣品対策などへの効果が高い意匠権を国内外で積極的に取得。2017年の意匠登録件数および特許登録件数がともに国内第1位、ハーグ協定を利用した国際意匠出願件数が世界第 11位(国内企業としては第1位)を獲得している。 意匠権を、FA機器で安全性、操作性、作業性を兼ね備えたシーケンサ「MELSEC iQ-R/Fシリーズ」をはじめ、ユニバーサルデザインのエレベーター、路面に誘導案内や注意表示をするラ…


速報取材レポート公開「ET West & IoT Technology West 2018(組込み総合技術展 関西 / IoT総合技術展 関西)」

2018年 7月5日(木)・6日(金)の2日間、グランフロント大阪内コングレコンベンションセンターで開催中の「Embedded Technology West 2018/組込み総合技術展 関西」と「IoT Technology West 2018/IoT総合技術展 関西」。進化する組込みの先進技術が集まるEmbedded Technologyと、“つながる”技術の最先端を網羅するIoT Technology、あらゆる産業で求められている双方の最先端テクノロジーとソリューションが一堂に会する展示会です。 注目度の高い約20のブースを取材し、見どころやトレンドをまとめたレポートをお届けします。今注…


【各社トップが語る2018】キムラ電機「認知度向上へ努力継続」

代表取締役社長 藤岡利之 2018年2月期の売り上げは、電力、通信、半導体製造設備向けに主力の端子台、表示灯、モザイクパネルなどが堅調に拡大し、前年同期比7~8%増が見込めそうだ。新製品として、プラス150℃やマイナス85℃といった厳しい用途で使用できる耐環境端子台、5色のUV高精細印刷の採用により色劣化がほとんど無く、鮮明で眼に優しいモザイクパネルなどを発売した。昨年5月のJECA FAIRでの展示でも好評を得ており、今年以降の拡販に期待している。 20年の東京オリンピック・パラリンピックの需要はまだ期待したほど増えていないが、今後盛り上がってくることを見込んでおり、加えてビルなどの新築・リ…


第5回鉄道技術展 2017/第2回橋梁・トンネル技術展 11月29日~12月1日 幕張メッセ

鉄道インフラの最新技術が集結 2展同時開催 安全・安心・快適・環境・省エネを追求した国内唯一の鉄道技術の専門展「第5回鉄道技術展 2017」および、社会インフラ構造物の長寿命化を支える保全技術展「第2回橋梁・トンネル技術展」(主催=いずれも日本工業新聞社)が、11月29日から12月1日の3日間、幕張メッセ(5~8ホール)で開催される。開場時間は午前10時~午後5時、入場料2000円(招待券持参者、Webによる事前登録者は無料)。両展示会とも15年に開催された前回出展社数を上回っており、今回も大盛況が期待される。   安全・安心・快適・環境・省エネ 国内外のサービス公開 525社・団体…


不二電機工業 運転台選択スイッチ 高接触信頼性の設計構造

不二電機工業は鉄道技術展に、密閉構造のユニットを用いた高い接触信頼性の運転台選択スイッチ、配線付スイッチ、車掌スイッチ、保安器切換・開放スイッチ、バリアフリー対応の扉開閉表示灯、長寿命のLEDを用いた車側灯や尾灯をはじめ、可視光通信技術を使った提案製品も展示する。 スイッチ全般に共通する特長としては、接点ユニットの防塵構造によって異物の混入を防ぎ、接触不良の発生を低減している。接点の開閉機構にはカム方式を採用することで小型・軽量化を実現し、しかも標準仕様としてダブルブリッジ接点を採用することで、接触信頼性を高め、接点部分は高接圧バネの採用で振動衝撃に強く、チャタリングを防止している。 また、ケ…


JAPAN PACK 2017(日本国際包装機械展)10月3日~6日 東京ビッグサイト

製造から流通まで 生産性向上を提案 包装を軸に製品の製造から流通までのあらゆる技術が一堂に会するBtoB展示会「JAPAN PACK 2017(日本国際包装機械展)」(主催=日本包装機械工業会)が、10月3日~6日までの4日間、東京ビッグサイト(東1~6ホール)で開催される。開場時間は午前10時~午後5時、入場料は3000円(招待券持参者および事前登録者は無料)。また、同時期開催展として、4日~6日まで「食品開発展2017」「アグロ・イノベーション2017」が、さらに3日~6日まで幕張メッセで「CEATEC JAPAN 2017」も開催される。 新しい包程式、ここに集まる。 「JAPAN PA…


不二電機工業 カラーバリアフリー対応チップLED 色覚の個人差を配慮

不二電機工業は、「カラーバリアフリーLED」の普及に力を入れており、チップLED単品から、電球や表示灯にアセンブリした製品を製造、販売している。 カラーバリアフリーLEDは発光波長を色弱者にも色の違いを認識できる範囲に限定したLED。同社は橙、青緑、青の3色を展開し、表面実装タイプ、3528サイズ(3.5ミリ×2.8ミリ)でチップLEDとして提供すると同時に、アセンブリ品にも対応する。 カラーバリアフリーLEDを用いると、色弱者も色の違いがわかりやすく、日本に300万人いると言われる色弱者にとっても普及が待たれている。同製品は、NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構が行っている2016年度「…


不二電機工業 カラーバリアフリーLED チップからアセンブリ品まで

不二電機工業は色弱者にも色の違いがわかりやすい「カラーバリアフリーLED」の普及に力を入れており、チップLED単品から、電球や表示灯にアセンブリした製品を製造、販売している。 カラーバリアフリーLEDは発光波長を色弱者にも色の違いを認識できる範囲に限定したLED。表面実装タイプ、3528サイズ(3.5ミリ×2.8ミリ)でチップLEDとして提供すると同時に、アセンブリ品にも対応する。カラーはだいだい、青緑、青の3色を展開。 同製品は、NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構が行っている2016年度「CUD検証」に合格。色覚の個人差を問わず、できるだけ多くの人に見やすいカラーユニバーサルデザインに…


ピーアンドエフ「ⅠO-Link対応品充実」太田 階子代表取締役

2015年に引き続き16年も過去最高の業績を達成できた。FA部門のセンサ、PA部門の防爆機器がほぼ同じ売り上げ比率になり、各前年度比7%、16%増加した。全体では同約12%伸長し、受注も18%増と、今年度の良いスタートダッシュに繋げることができた。P+Fグループ全体も、石油価格暴落で前半はPA部門が影響を受けたが、秋以降の追い上げが急ピッチで進み、結果的には一昨年の5億4000万ユーロを上回る業績達成が見込めている。 16年は製造業のIoT化がより現実感を持って進められたが、当社もドイツ企業として、インダストリー4.0推進の一役を担うべく、様々な新製品をリリースした。特にⅠO-Link対応のセ…