パナソニック コネクト フルデジタル溶接機最上位モデル ながる溶接機で生産性向上

パナソニック コネクトは、フルデジタル溶接機のフラッグシップモデルとして、パルス機能を搭載したフルデジタルCO2/MAG/MIG/溶接機「YD-400NE1」を発売する。

同社はこれまでインバータ制御とモータ一定制御、溶接波形のデジタル制御によって精密な波形調整を実現し、高品位・高品質な溶接ができるフルデジタル溶接機を展開している。

同製品は新世代型のNシリーズとして①Comfortable(使いやすく)②Capable(溶接性能の向上)③Connectable(つながる)をテーマとしてフルモデルチェンジした。使いやすさでは、タッチパネル式カラー液晶モニタを搭載し、新機能として課題解決や溶接条件決定をサポートする「溶接コンシェルジュ」と、作業の推奨条件を自動選択する「溶接ナビ」を搭載。現場の作業状況や作業者の課題を簡単操作でフォローするユニバーサルデザインとなっている。

溶接性能の向上では、CO2溶接、MAG溶接、パルス溶接ともに改良し、スパッタ低減や溶接の安定性を向上させた。また、つながるではネットワーク対応し、7月以降に提供する溶接施工の前後工程も含めた情報プラットフォーム「統合溶接管理システムiWNB for Welding Machines」に対応予定。溶接機の情報を収集、蓄積、分析して見える化が可能となり、生産性、品質向上、トレーサビリティ強化を実現する。

https://connect.panasonic.com/jp-ja/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG