トラブル の検索結果

ヘルツ電子 トラブル即時対応、アンドン用受信機

ヘルツ電子(浜松市北区)は、生産ラインで発生したトラブルへの即時対応や、トラブル履歴を分析したいというユーザー向けに、ワイヤレス呼び出し装置「LAN接続タイプ アンドン用受信機WCL-426R(日本市場向け)/WCL-920R(北米市場向け)」を、9月3日から発売する。 新製品は、作業場所や機械に設置した送信機からのトラブル発生連絡をワイヤレスで受信。遅れ防止のためのリリーフマン呼び出し、供給部品切れ防止のためのフォークリフトやAGV等の呼び出し、AGVや加工機等の機械からの異常通知など、生産ラインのトラブル発生連絡をリアルタイムで受信し、LAN経由で外部出力が行える。PC・タブレット・クラウ…


ヘルツ電子、“生産ラインのトラブルをリアルタイム収集するIoTツール” LAN 接続タイプ アンドン用受信機を発売

ヘルツ電子(静岡県浜松市)は、「生産ラインで発生したトラブルに即時対応したい」「生産ラインで発生したトラブル履歴を分析したい」というお客様向けに、離れたヒトやモノの呼び出しを支援するワイヤレス呼び出し装置(*1)の新商品として「LAN接続タイプ アンドン用受信機WCL-426R(日本市場向け)/WCL-920R(北米市場向け)」を、2018年9月3日に発売いたします。 ▲WCL-426R(日本市場向け)   新商品「LAN接続タイプ アンドン用受信機 WCL-426R/WCL-920R」は、無線アンドンシリーズ AN426Ⅱ/AN920(*2)の表示機能のない受信機であり、「作業者か…


イマジオム トラブル究明カメラシステム「トリガ連動機能」追加

イマジオム(茨城県日立市)は、生産ラインや製造機械で発生するトラブルの原因を究明するためのカメラシステム「TargetWatcher(ターゲット・ウォッチャー)」に、新たに「トリガ連動機能」を追加し、5月7日から発売した。 「TargetWatcher」は、生産ラインや製造機械でごくたまに発生するトラブルの原因を究明し、再発を防止する目的で開発されたカメラシステム。ドライブレコーダのようにトラブルの時だけ映像を残す「トリガ撮影」、時間をさかのぼって映像を残す「遡及記録」、速い動きを鮮明に記録する「高速撮影」、複数の視点から撮影して死角をなくす「多カメラ撮影」といった機能・特徴を併せ持つ。 トリ…


雷害対策機器 停電・建物損傷・交通トラブル 被害増加で需要拡大

事業承継でも重大要素に 雷による被害を防ぐ雷害対策機器の需要が拡大している。電子機器の普及に伴い、落雷による影響も大きくなりつつあり対策が重要になっているからだ。雷被害を最小限に抑える雷害対策には各種の方法があり、使い分けされている。同時にインテリジェント化が進み使いやすくなっている。雷発生の時間、場所の予想など、雷害防止に向けた各種サービスも充実しつつあり、ハード、ソフトで対応が進んでいる。 落雷による被害は、人命や建物損傷などだけでなく、停電や交通機関のトラブルといった社会的な2次被害を引き起こすことにつながる。また、建物内に侵入してサーバーや周辺機器、ケーブルなどの損傷で事業の継承にまで…


オータックス 温度ヒューズを内蔵端子台 「ATN-3PX」 配線ミスなどトラブル防止

オータックスは、DIPスイッチ、電源スイッチなどの各社産業用スイッチのほか、スイッチの接点技術を生かした各種コネクター、および端子台などをそろえている。 このうち端子台はカスタム対応品として、中国をはじめとした日系企業向けを中心に、顧客ニーズに応えた製品開発と現地で供給できる体制で評価を高めている。 端子台はエアコン用に加え、FAや産業機器向けでも販売を伸ばしている。 スイッチで蓄積した技術を生かしながら、信頼性の高い板ばねの使用など特色ある製品が大きな特徴。 このうち、温度ヒューズを内蔵した端子台の「ATN-3PX」(1-4A)は、特徴あるシリーズの一つで、配線ミスなどによるトラブルを防止。…


オータックス 温度ヒューズ内蔵 端子台「ATN-3PX」 配線ミスなどのトラブル防止

オータックスは、DIPスイッチ、電源スイッチなどの各社産業用スイッチのほか、スイッチの接点技術を生かした各種コネクター、および端子台などをそろえている。 このうち端子台はカスタム対応品として、中国をはじめとした日系企業向けを中心に、顧客ニーズに応えた製品開発と現地で供給できる体制で評価を高めている。 端子台はエアコン用に加え、FAや産業機器向けでも販売を伸ばしている。スイッチで蓄積した技術を生かしながら、信頼性の高い板ばねの使用など特色ある製品が大きな特徴。このうち、温度ヒューズを内蔵した端子台の「ATN-3PX」(1-4A)は、特徴あるシリーズの一つで、配線ミスなどによるトラブルを防止。 端…


【雷害対策機器システム特集】人命事故・建物損傷・交通トラブル 落雷被害で需要増

地球温暖化などの影響もあり、雷雨の多発による被害が増加している。コンピュータなどの情報機器が増えていることからその被害は年々甚大化する傾向にある。この被害を最小限に抑える雷害対策には各種の方法があり、その需要も拡大基調で推移している。PV(太陽光発電)システムや風力発電システムなど、落雷に遭いやすい機器も増えていることもあり、関連市場の裾野も広がりを見せている。 ■企業の危機管理で重要視 落雷による被害は、人命や建物損傷などだけでなく、停電や交通機関のトラブルといった社会的な2次被害を引き起こすことにつながる。また、建物内に侵入してサーバーや周辺機器、ケーブルなどの損傷で事業の継承にまで影響を…


オータックス 温度ヒューズ内蔵端子台「ATN-3PX」 配線ミスなどトラブル防止

オータックスは、DIPスイッチ、電源スイッチなどの各社産業用スイッチのほか、スイッチの接点技術を生かした各種コネクター、および端子台などをそろえている。 このうち端子台はカスタム対応品として、中国をはじめとした日系企業向けを中心に、顧客ニーズに応えた製品開発と現地で供給できる体制で評価を高めている。 端子台はエアコン用に加え、FAや産業機器向けでも販売を伸ばしている。 スイッチで蓄積した技術を生かしながら、信頼性の高い板ばねの使用など特色ある製品が大きな特徴。 このうち、温度ヒューズを内蔵した端子台の「ATN-3PX」(1-4A)は、特徴あるシリーズの一つで、配線ミスなどによるトラブルを防止。…


イマジオム カメラシステム「TargetWatcher」の低価格版 設備トラブル究明に

イマジオム(茨城県日立市水木町1-11-10、TEL0294-28-0147、高木太郎社長)は、生産ラインや製造機械で発生するトラブルの原因究明に役立つカメラシステム「TargetWatcher」の低価格版を発売。厳しいコストダウンが求められるものづくり現場のトラブル対策に役立つ。 同製品は、生産ラインや製造機械でたまに発生するトラブルの原因を究明し、再発を防止する目的で開発されたカメラシステム。トラブル発生から時間をさかのぼって映像を記録でき、従来の方法では捉えることが難しかったトラブルの原因や兆候をしっかり記録できる。 パソコンなど汎用のハードウエアのみで構成しているので低価格。さらに用途…


安川電機のIoT・スマートファクトリー 「MOTOMAN-Cloud」提供開始 クラウドで迅速なトラブル対応に貢献

安川電機は、産業用ロボット「MOTOMAN(モートマン)」のクラウドを活用した新サービス「MOTOMAN-Cloud(モートマンクラウド)」を19日から開始した。 サービスの第1弾として、ユーザーが使用しているロボットの製品情報閲覧、問い合わせができる「Web製品サポート」と、QRコードを使用し、迅速なトラブル対応に貢献するスマートフォン用アプリケーション「MOTOMAN Touch!」の二つのサービスを提供する。 Web製品サポートは、ユーザーが使用しているロボットをクラウド上で管理して、同社のサービス部門と共有することで、トラブル発生時のスムーズな問題解決につなげる。 従来、使われているロ…