配線接続機器主要各社の重点製品 オータックス温度ヒューズ内蔵端子台「ATN-3PX」配線ミスのトラブル防止

オータックスは、DIPスイッチ、電源スイッチなどの各社産業用スイッチのほか、スイッチの接点技術を生かした各種コネクター、及び端子台などをそろえている。

このうち端子台はカスタム対応品として、中国をはじめとした日系企業向けを中心に、顧客ニーズに応えた製品開発と現地で供給できる体制で評価を高めている。

また、このほどねじメーカーを買収し、端子台向けに振動などでも緩まない特許技術のねじの販売を始めた。M3、M4の2種類をそろえている。

端子台はエアコン用に加え、FAや産業機器向けでも販売を伸ばしている。

スイッチで蓄積した技術を活かしながら、信頼性の高い板ばねの使用など特色ある製品が大きな特徴。

このうち、温度ヒューズを内蔵した端子台の「ATN―3PX」(1―4A)は、特徴あるシリーズのひとつで、配線ミスなどによるトラブルを防止。端子は、水平と30度、#250と#187の組み合わせから選べる。また、1極あたり2端子と3端子が選択可能。定格電圧・電流はAC300V20A、絶縁抵抗は100MΩ以上/DC500V、商用周波数電圧AC2500V/1分間。
(http://www.otax.co.jp)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG