ヘルツ電子 トラブル即時対応、アンドン用受信機

ヘルツ電子(浜松市北区)は、生産ラインで発生したトラブルへの即時対応や、トラブル履歴を分析したいというユーザー向けに、ワイヤレス呼び出し装置「LAN接続タイプ アンドン用受信機WCL-426R(日本市場向け)/WCL-920R(北米市場向け)」を、9月3日から発売する。

新製品は、作業場所や機械に設置した送信機からのトラブル発生連絡をワイヤレスで受信。遅れ防止のためのリリーフマン呼び出し、供給部品切れ防止のためのフォークリフトやAGV等の呼び出し、AGVや加工機等の機械からの異常通知など、生産ラインのトラブル発生連絡をリアルタイムで受信し、LAN経由で外部出力が行える。PC・タブレット・クラウド上のアプリケーションで、トラブル発生情報を活用・分析し、生産ラインの稼働状況の可視化や改善に役立てることができる。

WCL-426Rの通信距離は、屋内約120メートル、見通し約300メートルで、最大8台の中継器を使用し多段中継することで、通信距離を約1キロメートルまで延長できる。WCL-920Rは、屋内約500メートル、見通し約1キロメートルのスタンダードモードと、屋内約1キロメートル、見通し約2キロメートルのロングレンジモードがある。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG