電設工業展特集生産ラインを電源トラブルから守る方策 導入事例(試験機・検査機)

2011年5月25日

耐久試験は、部品部材に対して色々な負荷を長時間かけて強度を計測する。そのためシステムの1サイクルが数時間から数日かかることもあり、検査中に電源断が起こると、その試験自体が無効となり、それまでの時間及び試験材料を無駄にしてしまう。 UPSを導入することにより、短時間の停電であればUPSの電力で試験を続行することが可能で、停止せずに試験を終了させることができる。 また、停電時間が長くなるようであれば途中までのデータを保護した上で試験を継続再開できるように機器を安全な状態で停止させ、システムと試験データを保護することも可能である。【図3】