シマデン の検索結果

【各社トップが語る2020】シマデン「行動量を増やす活動強化」島村一郎 代表取締役社長

シマデン 島村一郎 代表取締役社長   2020年3月期の売り上げは、昨年8月頃まで厳しく推移したが、9月以降は回復基調になっている。今期は当初から売り上げが下がると見ていたが、予想以上の減少で前期実績には届かない。ただ、当社の主要顧客である半導体製造装置は少し回復の気配が見え始めており、中には受注が絶好調という話も聞こえてきていることから、今後の動向に期待している。 現在も受注は増えているものの、納期が後ろ倒しになって売り上げにつながらないことも多い。また、予想していない製品の注文で部材の手配に手間取ることもあり、さらに21年からのRoHS規制の強化や半導体などのディスコン対応も大…


シマデン 感電・やけど防ぐ、カバー付き電力調整器

シマデン(東京都練馬区)は、サイリスタ式三相電力調整器「PAC30Zシリーズ」に感電防止カバー付きタイプの販売を開始した。 電力調整器は、主にヒータ制御において、位相制御/最適サイクル制御によりヒータの電力量を無段階に調整する機器で、DC4-20mAなどのアナログ制御信号で動作する。同社は約30年前から温度制御機器シリーズの製品として販売しているが、PAC30Zシリーズ全機種に感電防止カバー付きを追加した。 感電防止カバーは、電力調整器の制御信号端子台とヒューズのぞき穴での感電事故などを防止する。端子台では、配線部分にドライバーや手などが触れて感電する恐れがあり、またヒューズのぞき穴では、本体…


シマデン ハイブリッド調節計「SRP30シリーズ」

USBポート 前面に装備 シマデンは用途に応じた各種温度調節計をそろえているが、このうちハイブリッド調節計「SRP30シリーズ」は、プログラム調節計とデジタル調節計のハイブリッドタイプで、汎用用途から高度なプロセス制御まで1台で対応が可能。 外形寸法が96ミリ×96ミリの「SRP33」と、96ミリ×48ミリの「SRP34」の2モデルがそろっている。 大型5桁、11セグメントの見やすい文字表示を採用し、視認性と表現力を大幅に向上。また、プログラムパターン数最大9パターン、プログラムステップ数最大180ステップと複雑な温度制御にも対応し、高精度0.1%FS、サンプリング周期最速50msと基本性能も…


【各社トップが語る2019】シマデン、IoTツールの提案強化

代表取締役社長 島村 一郎 2019年3月期の売り上げは、昨年春先から11月頃まで非常に好調に推移し、12月頃からは少し落ちついた状態である。売り上げ比率の高い半導体製造装置向けの温度調節器やサイリスタの引き合いが前期から継続していることが大きな要因である。サイリスタは「PAC46シリーズ」に、3相タイプを追加し、400V、200Vもそろったことも売り上げに貢献している。 部品不足が懸念される中で、納期対応も原材料の先行手配などにより、一番困難な時期も乗り越えることができた。この状況で推移すると今期の売り上げは、前年度比5~7%増ぐらいの着地になると思う。 今年は東京オリンピック・パラリンピッ…


シマデン 卓上型温度調節装置「DSTシリーズ」

3相タイプ追加、用途拡大 シマデンは、各種デジタル調節計/プログラム調節計を販売しているが、調節計とサイリスタ式電力調整器をコンパクトに収めた卓上型の温度調節装置として、従来の単相タイプに加え、3相タイプの「DSTシリーズ」を販売している。 卓上型温度調節装置は、オートチューニング機能付PID調節計とサイリスタ式電力調整器を一体化したことにより、電熱機器に接続するだけで、サイリスタによる電力制御とリップルのない調節が簡単に行える。今回業界初の大容量3相タイプ(最大負荷37kVAまで対応)を発売したことで、研究室・実験室やプロセス用など、用途がさらに広がる。 また、設定操作が赤外線通信で簡単にで…


シマデン 卓上型温度調節装置「DSTシリーズ」3相タイプ追加、用途拡大

シマデンは、各種ディジタル調節計/プログラム調節計を販売しているが、調節計とサイリスタ式電力調整器をコンパクトに収めた卓上型の温度調節装置として、従来の単相タイプに加え、3相タイプの「DSTシリーズ」を販売している。 卓上型温度調節装置は、オートチューニング機能付PID調節計とサイリスタ式電力調整器を一体化したことにより、電熱機器に接続するだけで、サイリスタによる電力制御とリップルのない調節が簡単に行える。今回業界初の大容量3相タイプ(最大負荷37kVAまで対応)を発売したことで、研究室・実験室やプロセス用など、用途がさらに広がる。 また、設定操作が赤外線通信で簡単にできる機種もそろえたほか、…


【各社トップが語る2018】シマデン「半導体関連の続伸期待」

代表取締役社長 島村一郎 2018年3月期の売り上げは、上期は前年度比とほぼ同じぐらい推移していたが、下期になって受注が増えはじめて前年度を上回っており、現在は生産能力一杯の状況で推移している。一部の製品では部材の入手が難しくなっているものも出てきている。半導体製造装置関連向けの需要が非常に好調なのが大きな要因で、サイリスタ、温度調節器、センサなどの売り上げは伸びている。 全体売り上げの約35%を占める海外販売もアジア、とくに中国市場を中心に温度調節器などで競争が激しいものの、好調に展開できている。このままの状況でいくと、今期は5%増ぐらいの売り上げが見込めそうだ。 新製品として、調節計とサイ…


シマデン 卓上型温度調節装置発売 業界初大容量3相タイプ

シマデン(東京都練馬区)は、調節計とサイリスタ式電力調整器をコンパクトに収めた卓上型の温度調節装置として、大容量3相タイプの「DSTシリーズ」を10月1日から販売開始した。 卓上型温度調節装置は、オートチューニング機能付きPID調節計とサイリスタ式電力調整器を一体化したことにより、電熱機器に接続するだけで、サイリスタによる電力制御とリップルの無い調節が簡単に行えるもの。従来の単相タイプに加え、今回業界初の大容量3相タイプ(最大負荷37kVAまで対応)を発売した。 設定操作が赤外線通信で簡単にできる機種もそろえたほか、最大20パターンのプログラム制御が可能な機種もラインアップしている。 オプショ…


シマデン 卓上型温度調節装置「DSTシリーズ」3相タイプ追加、用途拡大

シマデンは、各種ディジタル調節計/プログラム調節計を販売しているが、調節計とサイリスタ式電力調整器をコンパクトに収めた卓上型の温度調節装置として、従来の単相タイプに加え、3相タイプの「DSTシリーズ」を開発、10月1日から販売を開始した。 卓上型温度調節装置は、オートチューニング機能付PID調節計とサイリスタ式電力調整器を一体化したことにより、電熱機器に接続するだけで、サイリスタによる電力制御とリップルのない調節が簡単に行える。今回業界初の大容量3相タイプ(最大負荷37kVAまで対応)を発売したことで、研究室・実験室やプロセス用など、用途がさらに広がる。 また、設定操作が赤外線通信で簡単にでき…


シマデン「柔軟に顧客ニーズ対応」島村 一郎 代表取締役社長

2016年の前半は中国を含めて厳しい状況が続いたが、10月以降はサイリスタを中心に大手向けの案件が増えてきた。 業界別では半導体製造装置向けが堅調で、この傾向はしばらく続くものと期待している。 製品別では新型サイリスタとモジュール型調節計の認知が広がり、卓上温度制御ユニットも高い評価をいただいた。従来製品と比較し本体サイズ・重量を約半分に軽減した三相電力調整器PAC46シリーズも来期に向けてさらに業績向上に寄与するものと見ている。 IoT関連では、データ収集・活用ツール「でじろーくん」に期待をしている。これは、データロガーの技術をベースに、遠隔監視、総合監視、メール通知などの機能を搭載。帳票の…