Check !!

シマデン 「三品業界に注力し拡販」 島村一郎代表取締役社長

島村一郎 代表取締役社長
島村一郎
代表取締役社長
昨年は堅調に売り上げが拡大した年といえる。下期は落ち着いたものの、上期は昨年比で8・6%程度の売上げの伸びを示すことができた。特に中国向けが好調で、電子部品向けの引き合いが多かった。マレーシア、インドネシアなどのASEAN地域の売上げも貢献した。インド市場も注目しているものの、価格競争の厳しさを実感している。

今年は昨年に引き続き、食品加工機械、包装機械に注力していく。パン、製菓といった食品業界向けはもちろん、製薬業界、化粧品業界も含めたいわゆる「三品業界」を重要なターゲットとして見ている。

製品別ではここ数年発売した製品が売上げアップに寄与した。調節出力のON/OFFすき間モードを選択できる機能を備えたデジタル調節計「SRS10Aシリーズ」をはじめ、単相用サイリスタ「PAC18Aシリーズ」、壁面取り付け形検出器用スペーサ、入出力間非絶縁型4線式温度変換器「CP2RQ」、サイリスタ式3相電力調整器「PAC30Zシリーズ感電防止カバー付きタイプ」などだ。

今年はさらなる新製品も積極的に投入していきたい。サイリスタや、小型化を図った新製品などを予定しており、海外仕様の製品を日本国内に展開することなども検討を進め、さらなる市場開拓を進めていきたい。

販売面では、WEB販売も継続して活性化させるが、特に新人を中心とした営業力強化を行う。カタログ、商品説明ツールといった拡販ツールを充実させ、顧客に製品特徴をわかりやすく説明できる環境を整える。小回りのきく訪問を徹底することで、顧客に実際に会いに行く回数を増やし、真のニーズをつかむと共に顧客とのパイプを太くしていく。これにより、取り引きが途絶えてしまっていた顧客の掘り起こしを着実に行っていく。これらを通じ、当社は製品に高度な技術を集約し、顧客ニーズに応えていきたい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG