【各社トップが語る2018】シマデン「半導体関連の続伸期待」

代表取締役社長 島村一郎

2018年3月期の売り上げは、上期は前年度比とほぼ同じぐらい推移していたが、下期になって受注が増えはじめて前年度を上回っており、現在は生産能力一杯の状況で推移している。一部の製品では部材の入手が難しくなっているものも出てきている。半導体製造装置関連向けの需要が非常に好調なのが大きな要因で、サイリスタ、温度調節器、センサなどの売り上げは伸びている。

全体売り上げの約35%を占める海外販売もアジア、とくに中国市場を中心に温度調節器などで競争が激しいものの、好調に展開できている。このままの状況でいくと、今期は5%増ぐらいの売り上げが見込めそうだ。

新製品として、調節計とサイリスタ式電力調節器をコンパクトに収めた「卓上型温度調節装置DSTシリーズ(3相タイプ)」を発売した。従来、単相タイプは販売していたが、3相タイプでユニット化した装置は他社にはないため、市場での感触は悪くない。

昨年秋に新製品などを追加した約400頁の製品総合カタログを4年ぶりに作り直して発行した。Web重視の時代に徐々に変わってきているというものの、紙ベースのカタログを求めるユーザーの声は多い。開発設計者などの傍に置いていつでも見てもらえることでの販売効果を期待している。

今年の景気は先行きに見えている部分も多く、楽観はできないものの、この良い状態が継続してくれるのではないかと期待しており、19年3月期は前年度比10%増ぐらいの売り上げ計画を立てて取り組みたい。新製品として、サイリスタの400Vタイプの発売を考えている。また、データ収集・活用ツール「でじろーくん」も、IoT時代の通信ネットワークを活用した遠隔監視ニーズに対応するものと、市場への浸透に取り組んでいきたい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG