シマデン「柔軟に顧客ニーズ対応」島村 一郎 代表取締役社長

2016年の前半は中国を含めて厳しい状況が続いたが、10月以降はサイリスタを中心に大手向けの案件が増えてきた。

業界別では半導体製造装置向けが堅調で、この傾向はしばらく続くものと期待している。

製品別では新型サイリスタとモジュール型調節計の認知が広がり、卓上温度制御ユニットも高い評価をいただいた。従来製品と比較し本体サイズ・重量を約半分に軽減した三相電力調整器PAC46シリーズも来期に向けてさらに業績向上に寄与するものと見ている。

IoT関連では、データ収集・活用ツール「でじろーくん」に期待をしている。これは、データロガーの技術をベースに、遠隔監視、総合監視、メール通知などの機能を搭載。帳票の自動作成とペーパレス化を実現するほか、スマートフォン、タブレットでの設備状況見える化を実現する。

オフラインでも使える様に、マイクロSDカードへのデータ収集にも対応している。既存の設備を活かしながらIoT技術を活用できる良い事例となっている。食品業界のHACCP対応が進んでおり、温度・湿度管理はもちろん、警報出力も搭載し幅広く使えるため、大手企業から中小企業まで多くの引き合いを頂いている。既存設備との親和性も高く、入出力仕様のカスタマイズにも対応している。

2017年はこれら新製品に加え、昨年から引き続き取り組んでいる営業手法の共有も強化する。製品単体の販売だけではなく、アプリケーションを含めたソリューションとして顧客に提案をしていく。顧客の評価も高く一層強化していく。当社の強みである全台検査による安定した品質と、柔軟性と対応力で顧客のニーズに応えていきたい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG