【FA製造業界2022トップインタビュー】ユーザー提案を強化拡大 シマデン 島村 一郎 代表取締役社長

2022年3月期の売り上げは、前年度比12%増で推移し、期初目標は達成できる見通しだ。当社製品の大きなユーザーである半導体が動いており、クリーンルームでの採用が増加している。食品関連、空調向けも全体的に注文は多く、堅調だ。ECが活況で、物流倉庫でも冷凍や冷蔵スペースへの投資も増えている。

その一方で、昨年11月から部材不足の影響が顕著に出始め、在庫を増やして対応をしているが、受注残が増えている。半導体、樹脂、ケース、ねじ、コネクタなど、あらゆる部材が不足気味で、これまである1つのメーカーの部材が入らない、納期が遅れることはあったが、これだけ全体的に厳しいのは初めての経験だ。生産設備の自動化を進め、生産力を強化して対応している。

営業では、エンドユーザー向けの提案を強化し、ユーザーへの直接営業と、販売店と一緒にユーザーを掘り起こす活動の両面で動いている。協力会社とタッグを組んで、装置一式を取りにいくこともスタートし、遠隔監視システムの案件を受注できた。機器メーカーからの脱却を目指し、制御盤の設計・製造も含めたシステム提案で付加価値を高めている。

お客様も訪問禁止が和らいできて、リアルに訪問して商談できるケースが増えている。リモートは、個別商談や打ち合わせに加え、販売店向け勉強会やお客様向け製品説明会もオンラインでやっている。コロナ禍が終息してもリモートとの併用は継続し、使い分けていく。

22年の見通しは、明るいと思っている。いま受注しているのは来期の案件であり、ベースは出来つつある。ただし部材不足の解消には1年くらいかかるという意見もあり、計画生産の対応や設計変更も必要になってくる。新製品は、ディジタル指示計、温度調節計(ミドルレンジ)を予定し、機能強化やモデルチェンジの新製品も計画している。

https://www.shimaden.co.jp/


【完全版】オートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼント

三菱電機やアズビル、安川電機など主要FAメーカートップ59社の2022年の見通しや、FA製造業界の主要業界団体の2022年年頭所感、2022年の機械・電機業界の見通しなどを掲載したオートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼントしています。

ご希望の方は、下の「無料お試しPDF申込み」からお申し込みください

オートメーション新聞では、新聞本紙+PDF提供による年間購読(1万9500円)を受け付けています。また無料で一部ページのみご覧いただけるお試しPDF版サービスも提供しています。この機会にぜひお申し込み下さい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG