tep の検索結果

TEP、通常総会開催 正副理事長、委員長ら再任

東京都電機卸商業協同組合(TEP、藤木正則理事長)は、第69回通常総会を全国家電会館で5月9日開催した。 総会に125社の組合員のうち委任状も含め80社が出席した。総会は藤木理事長を議長に選出して進められ、2017(平成29)年度事業報告、および決算報告、18(平成30)年度事業計画、および収支予算などを審議・承認した。 総会の冒頭、藤木理事長は「TEPも来年創立70周年を迎える。戦後の混乱期である1949年に、鉄道のガード下で進駐軍の払い下げ部品などの販売が秋葉原の原点であるが、その頃諸先輩がどんな思いで組合を作られたのかを、忘れずにこれからも活動していきたい。TEPも内部、外部でコラボしな…


TEP パネルディスカッション開催 設立70周年を前に先人たちの活動を回顧

東京都電機卸商業協同組合(TEP、藤木正則理事長)の組織委員会(花岡克己委員長)は、2019年に組合創立70周年(古希)を迎えることから、これまで組合を支えてきた先人たちの活動を回顧する意味から、活動に携わった有志による「パネルディスカッション」を、全国家電会館で11月2日開催、会員70人が出席した。 秋葉原の家電、総合卸、電子部品の商社で構成されてきたTEPであるが、現在は部品商社中心の活動となっている。 冒頭、藤木理事長が「TEPの歴史イコール、秋葉原の歴史であり、設立70周年を前にこれを振り返ることは、今後の活動のヒントにもなると思う」とあいさつした。 パネルディスカッションは、メトロ電…


TEP 年金・経済講演会開催 世界経済を独自の視点で解説

東京都電機卸商業協同組合(TEP、藤木正則理事長)は「年金・経済特別講演会」を、全国家電会館で9月6日開催、約75人が参加した。 第1部の年金講演会では「知って得する年金と税のお話」と題し、望月FP社会保険労務士事務所望月厚子所長が説明した。 また、第2部の経済講演会では「転換期の世界経済と日本」と題し、ニッセイ基礎研究所伊藤さゆり主席研究員が解説した。 年金講演会では、退職金の一時金方式と年金方式の受取額の比較、老後資金につながる確定拠出年金などについて解説した。 経済講演会では、英・仏・独とEU、米国、中国、北朝鮮など、世界経済に影響を与える動きとその背景、今後の見通しを独自の視点で解説し…


TEP 「残業代」で セミナー開催

東京都電機卸商業協同組合(TEP、藤木正則理事長)は、労務委員会と組織委員会の共催で「セミナー」を全国家電会館で7月4日に開催し、約30人が参加した。 今回は、レイズ・コンサルティング法律事務所の石田達郎弁護士が講師となって「残業代『うっかり未払い』になっていませんか?」と題して行った。 年々増加する未払い残業代に関する紛争を、具体的な失敗例を交えながら、その紛争によるリスクの大きさや、紛争の予防策などについてやさしく解説した。 みなし残業代や時間外手当ての計算方法、給与計算書の表記など、注意しなければいけないポイントを説明し、紛争による社会的イメージの下落、企業存亡にまで与えるダメージなどに…


TEPが通常総会開く HPと名簿リニューアル

東京都電機卸商業協同組合(TEP、藤木正則理事長)は、第68回通常総会を全国家電会館で5月10日開催した。 総会に124社の組合員のうち委任状も含め93社が出席した。総会は藤木理事長を議長に選出して進められ、2016(平成28)年度事業報告、および決算報告、17(平成29)年度事業計画、および収支予算などを審議・承認した。 総会の冒頭、藤木理事長は「2016年11月にユネスコの無形文化遺産として『協同組合』が登録された。ドイツからの提案で実現したもので、19世紀からの活動により、現在100カ国で10億人が加入している。共通の利益と価値を通じてコミュニティづくりを行うことができる組織であることが…


TEP新春講演会開く 経産省施策・予算で講演

東京都電機卸商業協同組合(TEP、藤木正則理事長)は、「新春講演会」を東京ガーデンパレスで2月10日開催した。 冒頭あいさつに立った藤木理事長は「日の入りが毎日少しずつ遅くなってきているが、景気のほうも早く良くなってほしい。TEPも多くの方に支えられ活動しているが、今後も会員の皆さんの力になれるように取り組んでいきたい。変わらぬご支援をお願いしたい」と述べた。 続いての新春講演会では、経済産業省商務情報政策局情報通信機器課電子デバイス係長清野恵太氏が「経済産業省関連施策・予算紹介」の演題で行った。 清野氏は、製造業や流通業などに関連した予算を中心に現状を説明し、商社各社の今後への取り組みにおい…


オリエンタ ルモーター αSTEP用ドライバ 通信機能付を追加

  オリエンタルモーター(東京都台東区、川人英二取締役執行役員社長)は、ステッピングモータユニットαSTEPバッテリレスアブソリュートセンサ搭載AZシリーズに取り付け角寸法42ミリで高トルクのモータと、RS-485通信付パルス列入力タイプドライバを新発売した。 パルス列入力タイプドライバの場合、モータのステータス情報がモニタできず、トラブル発生時にPLCなどの上位コントローラでの状態モニタの要望が多くあった。今回のラインアップ追加により、モータの位置、速度、トルク、アラーム、温度などのモニタが可能になり、トラブル発生時の迅速な対応はもちろん、プログラミングによる予兆保全への活用や、異…


TEPが日本IBMメーカー講演会 モバイルの可能性理解

東京都電機卸商業協同組合(TEP、藤木正則理事長)は、恒例の「メーカー講演会」を全国家電会館で4日開催し、約35人が参加した。 日本IBMデジタル・イノベーション事業推進エグゼクティブアーキテクトの黒田茂生氏が「IoTによる業務改革について」と題し、登壇した。 講演では、モバイルが日常生活のあらゆるところで活用が始まっている現在、その動向をどのように捉え、どのように対応していけば良いのかを、同社が社内で実際に使っている事例や、モバイルがもたらす社会的な効果などを、わかりやすく解説した。 また、同社がアップルと推進しているモバイル・コンテンツ・プラットフォームの紹介もした。 商社にとって、モバイ…


東京都電機卸商業協同組合(TEP) 年金・経済講演会開催 ニーズ発見の重要性強調

東京都電機卸商業協同組合(TEP、藤木正則理事長)は、東京都電機企業年金基金と共催で「年金・経済特別講演会」を全国家電会館で8日開催、約90人が参加した。 年金講演会では、みずほ信託銀行年金コンサルティング部参事役永田真一氏が「事業所が知っておきたいDC(確定拠出年金)制度」と題して行った。DC制度法がこのほど改正され、2017年1月から個人型DC加入可能範囲などが拡大される。セミナーでは一連DC制度の改正概要を説明した。 また、経済講演会では第一生命経済研究所経済調査部主席エコノミストの熊野英生氏が「日本経済の展望」と題して行った。熊野氏は世界と日本の経済の現況を各方面から数値を挙げて説明し…


東京都電機卸商業協同組合(TEP) メーカーセミナーを開催 省エネでパナSUNX講演

東京都電機卸商業協同組合(TEP、藤木正則理事長)は、「メーカー講演会」を全国家電会館で4日に開催、約45人が参加した。 今回は、パナソニックデバイスSUNX Eco・カスタム事業開発部事業企画部企画グループ浦野博司課長が講師となって「エネルギーと生産工程の『見える化』~エネルギーの見える化と稼働監視による保守・保全の支援」と題し、行った。 講演では、同社の省エネ支援機器のラインアップの内容を紹介するとともに、それを活用した省エネ活動の進め方を解説。省エネへの取り組みを実践的に実施しているグループ会社のパナソニックデバイスSUNX竜野の具体的な仕組みの実態を説明した。電力の見える化によって、無…