【賀詞交歓会】TEP、ヨコのつながり大事

東京都電機卸商業協同組合(TEP、藤木正則理事長)と日本電化協会(北原國人理事長)は新年名刺交換会と講演会を1月10日、全国家電会館で開催した。

TEPの藤木理事長は「バブル経済の崩壊の前半、スマホの普及などがあった後半と色々なことがあった平成が終わろうとしている。また、AI、IoT、5Gなどの技術が生活の周りに関わりを持ってきている。すべてがつながる中にあって、組合などの人的なつながりも疎かにしてはいけない。TEPも70周年という節目を迎えるが、新元号という大きな節目と重なり、これを皆さんの大きな力として発揮していただきたい。景気の見方も色々とあるが、やはり気持ちをしっかりと前向きに持っていかなくてはいけないと思う。メーカー様、商社、お客様の縦の線だけでなく、商社間の横の情報交換、つながりもここ数年大事になっており、それによって新たな付加価値が付けられる。今年も一生懸命活動していくのでご支援をよろしくお願いしたい」と挨拶した。

特別講演会ではNHK関口博之解説委員が「2019年 不透明な世界と日本を読む」と題し、行った。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG