東京都電機卸商業協同組合(TEP) 年金・経済講演会開催 ニーズ発見の重要性強調

東京都電機卸商業協同組合(TEP、藤木正則理事長)は、東京都電機企業年金基金と共催で「年金・経済特別講演会」を全国家電会館で8日開催、約90人が参加した。

年金講演会では、みずほ信託銀行年金コンサルティング部参事役永田真一氏が「事業所が知っておきたいDC(確定拠出年金)制度」と題して行った。DC制度法がこのほど改正され、2017年1月から個人型DC加入可能範囲などが拡大される。セミナーでは一連DC制度の改正概要を説明した。

また、経済講演会では第一生命経済研究所経済調査部主席エコノミストの熊野英生氏が「日本経済の展望」と題して行った。熊野氏は世界と日本の経済の現況を各方面から数値を挙げて説明し「国内の設備投資需要が減退している。人口減少や生産性向上への対応からも、インダストリー4.0などを活用しながら潜在ニーズの取り込みが重要だ」として、ドローンや電子ペーパーの実機を使って紹介。「情報サービス、情報通信、運輸・郵便などで設備が不足している。若者はテクノロジーに興味を持っているので、これを生かしていく必要がある」と強調した。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG