TEP パネルディスカッション開催 設立70周年を前に先人たちの活動を回顧

2017年11月15日

東京都電機卸商業協同組合(TEP、藤木正則理事長)の組織委員会(花岡克己委員長)は、2019年に組合創立70周年(古希)を迎えることから、これまで組合を支えてきた先人たちの活動を回顧する意味から、活動に携わった有志による「パネルディスカッション」を、全国家電会館で11月2日開催、会員70人が出席した。 秋葉原の家電、総合卸、電子部品の商社で構成されてきたTEPであるが、現在は部品商社中心の活動となっている。 冒頭、藤木理事長が「TEPの歴史イコール、秋葉原の歴史であり、設立70周年を前にこれを振り返ることは、今後の活動のヒントにもなると思う」とあいさつした。 パネルディスカッションは、メトロ電…