jsia の検索結果

JSIA定時総会「支部長会」を設置 HP活用も推進

日本配電制御システム工業会(JSIA、宇賀神清孝会長)は「第36回定時総会」を、松山全日空ホテルで6月7日開催し、会員383社から委任状を含め317人が出席した。 総会は宇賀神会長を議長にして進められ、2017年度事業報告および決算報告、18年度事業計画案および予算案を審議し、承認された。 また、役員の改選も行われ、宇賀神会長が再任され、新副会長に榊美樹(東和電機工業)、別川稔(別川製作所)、川口久美雄(因幡電機製作所)の3氏を選任した。 18年度からは、全国8支部の支部長によって構成の「支部長会」を設置し、現在進めている優良工場認定制度に代わる新たな「審査制度検討委員会」をWGに運営を進めて…


日本配電制御システム工業会 JSIA青年部を組織化 全国から117人参画

日本配電制御システム工業会(JSIA、宇賀神清孝会長)は、会員のうち、次の時代を担うリーダーを中心した「JSIA青年部」を組織化し、第1回全国大会を4月12日に浜松町東京會舘で開いた。 JSIA青年部は、JSIA会員の役員、もしくは将来役員になることが期待されている55歳以下の人を対象にしている。 第1回全国大会には、117人の青年部会員のうち、50人が参加した。 冒頭、宇賀神会長があいさつに立ち「JSIAではこれまでも新人や後継者の育成に向けて支部ごとに活動を行って来ているが、さらなる活発な意見交換の場を設け、建設的なコミュニケーションを取れるようにする必要があるとして、全国組織としてスター…


内外電機丹羽社長 褒章受章祝賀会 JSIA会長の功績評価

内外電機(大阪市中央区)丹羽一郎社長の藍綬褒章受章祝賀会が、帝国ホテル大阪で10月6日開かれ、約90人が出席した。 今回の受章は、永年にわたり配電盤業界の発展に貢献したことが評価された。丹羽社長は、2012年5月から4年間、日本配電制御システム工業会(JSIA)の会長を務めたことから、JSIAの宇賀神清孝会長と同関西支部寺田哲也支部長が発起人となって開催した。 祝賀会には、JSIA本部役員と支部会員、及び仕入れ先関係者などが駆けつけた。 来賓として祝辞を寄せた経済産業省製造産業局産業機械課片岡隆一課長は「丹羽社長は1994年にJSIAの理事就任以来、22年間務められた。12年に会長に就任されて…


JSIA 青年部会を全国組織化 若手経営者の連携強化

日本配電制御システム工業会(JSIA、宇賀神清孝会長)は、工業会のステータス向上への様々な課題解決に向けて、2016年2月に組織研究会を立ち上げ、さらに会員企業の意見吸い上げをより確実にするために支部長会を設置するなど、全国均一な会員サービスが提供に向けた取り組みを行っているが、今年度は全国各地で活動している青年部を全国組織の「青年部会(仮称)」として統合を検討している。 事業承継問題なども会員の課題として挙げられているが、若手経営者が連携した取り組みを進められるような環境を整備することで、次代への新たな展望を開く方法のひとつとして強化していく。 一方、かねてから準備を進めてきたJSIA優良工…


JSIA 本部と東京 支部が移転

日本配電制御システム工業会(JSIA、宇賀神清孝会長)本部と同東京支部(国分直人支部長)は、2月13日から事務局を移転する。 新拠点では2つの事務局を1カ所に集約されることから、業務の効率化につながる。 新住所、電話は次の通り。 ▽住所=東京都港区芝浦2-14-5、ユニベル田町ビル4階(〒108-0023) ▽本部電話=03-3436-5510、FAX=03-3436-0738(従来通り) ▽東京支部電話=03-3434-4921、FAX=03-3434-4815(従来通り)


17年賀詞交歓会 JSIA3団体 夏から忙しくなる

日本配電制御システム工業会(JSIA)、同東京支部、東京配電盤工業協同組合の3団体合同の賀詞交歓会が、東京・浜松町東京會舘で1月17日開かれた。 宇賀神清孝JSIA会長、国分直人東京支部長、宮本孝司協同組合理事長の紹介後、宇賀神会長が代表して挨拶し「今年は酉年であるが、サルトリ騒ぐが経済で定説になっている。配電制御システム業界も今度は間違いなく夏ごろから忙しくなるとみている。東京オリンピックを控え、大阪万博誘致の動きも出ている。また、少子高齢化の中で、将来を担う若い人が不足してくる。今後、業界団体のさらなるステータスの向上、会員企業への均等なサービスの提供、アライアンスなどが必要である。お客様…


JSIAが技術セミナー開催 盤合理化 IoTテーマに

  日本配電制御システム工業会(JSIA、宇賀神清孝会長)制御・情報システム委員会(田原一樹委員長)は、恒例の「JSIA技術セミナー」を浜松町東京會舘で17日開催し、約50人が参加した。 今回のセミナーは、同委員会が取り組んできた「制御盤ハードウエア合理化に関する調査研究の活動報告:パート2」と、最近話題になっている「IoT、第4次産業革命とは何?」を柱に4つのテーマで行った。 制御盤ハードウエア合理化に関する調査研究では、省スペース・工数削減・信頼性などを制御盤メーカーとしての観点から分析した。 一方、IoT・第4次産業革命では、日本電機工業会(JEMA)の高橋一郎技術部次長が行い…


JSIA、17日にIoT関連でセミナー

日本配電制御システム工業会(JSIA、宇賀神清孝会長)制御・情報システム委員会(田原一樹委員長)は、「技術セミナー」を11月17日午後1時30分〜4時40分まで、浜松町東京會舘(東京都港区浜松町2-4-1)で開催する。 今年のJSIA技術セミナーでは、同委員会が取り組んできた「制御盤ハードウエア合理化に関する調査研究の活動報告パート2」と、最近話題の「IoT 第4次産業革命とは何?」を大きなテーマに、スマートマニュファクチャリングの概要、制御機器とIoTの融合、風力発電におけるIoTの活用事例など4件で講演する。 このうち、制御盤ハードウエア合理化に関する調査研究では、盤筐体、機器取り付け、主…


日本配電制御システム工業会(JSIA)総会 新会長に宇賀神氏 組織研究会で将来像を検討

日本配電制御システム工業会(JSIA、丹羽一郎会長)は第34回定時総会を、ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービューで6月23日開催した。 総会は、丹羽会長を議長にして、2015(平成27)年度事業報告、および決算報告、16(28)年度事業計画、および予算報告を審議し、承認した。 16年度は、産業ソーラのメンテナンス支援の事業化に向けて必要な研修のあっせんや情報に継続して取り組み、メンテナンスの作業教育の2回目を実施する。また、JSIA優良工場認定制度を、17年度から盤類の機種別規格適合制度に重点を置いた内容に移行していくための準備を進めていく。さらに、JSIAの知名度向上、組織や事業の見直…


日本配電制御システム工業会(JSIA) 受配電設備ガイドラインを発刊 配電盤類製造必携の書

日本配電制御システム工業会(JSIA)は、「受配電設備のガイドライン」を書籍としてまとめ、頒布している。 同書は、2009年9月に発行した「配電制御システム検査ハンドブック」の内容を、その後の規格・基準の変更に合わせるとともに、新たに設計・電気製図などの項目を追加するなど、判断のよりどころとなっている規格・基準をできるだけ掲載している。 今年4月から電力料金の自由化がスタートする中で、求められる品質を安定的に供給するためにも電気事故を未然に防ぎ、事故が起こった場合には被害を最小限にくい止めるためのシステムとして、配電制御システムは重要な役割を担っている。 本書では、配電盤類の規格や試験・検査の…