日本配電制御システム工業会(JSIA)技術セミナー開く、ねじ無し機器も展示

日本配電制御システム工業会(JSIA)制御・情報システム委員会は、毎年恒例の技術セミナーを浜松町東京會舘で11月12日開催し、約70人が参加した。

今回は「次世代移動通信システム(5G)」と制御盤設計の効率向上」をテーマに、総務省総合通信基盤局電波部移動通信課新世代移動通信システム推進室課長補佐豊重巨之課長補佐と、図研アルファテック営業本部ACAD営業課長小久保晴彦ACAD営業課長が講演した。

豊重氏は5Gの特性、可能性の大きさを説明するとともに、「今年12月から使用解禁になるローカル5Gが地域や業種の課題解決に大きく貢献する」と活用の有用性を強調した。

セミナー会場の別室ではねじ無し機器の展示として、オムロン、三菱電機、富士電機機器制御、IDEC、ワゴジャパン、フエニックス・コンタクトの6社がデモを行い、省力化につながるねじ無し端子の効果を体験した。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG