温度調節計 の検索結果

アズビル タイに新工場、開所式 温度調節計から順次、生産品目拡大

azbilグループのタイでの現地法人、アズビルプロダクションタイランド(根本敦之社長)は、タイ・アマタナコン工業団地内に新工場を完成し、12月4日に現地で開所式を行った。 アズビルプロダクションタイランドは、2013年2月設立で、同年7月からアマタナコン工業団地内のPHASE2に工場建屋をレンタルする形で温度調節計の生産を行ってきた。 14年3月からは、工業団地内のPHASE10で新工場建設に着手し、11月に完工した。 新工場は敷地面積約2万平方メートル、総床面積は約7800平方メートル(事務棟含む)の規模で、品質マネジメントシステムISO9000も取得している。 新工場では温度調節計の生産か…


アズビルタイに生産子会社温度調節計や空調用コントローラ今夏から稼働

アズビルは、タイに100%出資の生産子会社「アズビルプロダクションタイランド」(根本敦之社長)を2月20日付で設立した。資本金は約4・2億円。新会社はタイ・チョンブリー県のアマタナコン工業団地内に設立。スピーディーに操業を開始するために、第1ステップとして敷地、建物を借用して、今年夏から温度調節計や空調用コントローラの生産を開始する予定。規模は敷地面積約2500平方メートル、工場床面積は約1300平方メートル。従業員は50人規模でスタート、1年目の生産高は2億~3億円、3年後には数十億円規模に拡大する計画。 同社では、グローバルでの最適なロジスティック整備、地域特性に合わせた製品対応の強化に向…


チノーザゼンソウの熱制御を用いた世界初の温度調節計 おもしろ技術拝見 省エネ・オーバーシュート抑制に大きな成果

ザゼンソウは、肉穂花序と呼ばれる器官の発熱で周囲の雪を溶かし早春に花を咲かせる多年草である。 氷点下など外気温の変化にもかかわらず発熱、外気温を検知し体温をほぼ20℃に維持することができる、ムダのない発熱機構はまさに省エネルギーの見本といえる。 このザゼンソウの温度制御アルゴリズムに着目した岩手大学とチノーは、その機構を解明し用いた温度調節計を世界で初めて開発した。 従来の制御アルゴリズムで動作する温度調節計に比べ、制御量をムダなく敏速に設定値に到達させることができ、高い堅牢性と高い省エネ特性を両立させた性能を備えている。 チノーはザゼンソウの特性を制御アルゴリズムに組み込んだZ制御モードの温…


温度調節器(計)主要各社の重点製品 富士電機汎用温度調節計「PXRシリーズ」大型表示で優れた視認性と操作性

富士電機は、「エネルギー・環境」分野に注力しており、事業の一つとして、温度調節計や計測機器など省エネを支えるコンポーネントの開発を行っている。 温度調節計のラインアップは、食品・包装機械やプラスチック成形機などで多く使用されている汎用温度調節計「PXR」、簡単な温度制御から加熱/冷却制御、工業炉の燃焼バルブ制御まで温度制御全般に適用可能な「PXG」、高速・高精度な制御が可能な高性能調節計「PXH」、多ループ温度制御を必要とする半導体・液晶パネル製造装置やプラスチック製造機械などに最適なマルチループ・モジュール型調節計「PUM」があり、幅広い用途に対応。 特にPXR(正面寸法24ミリ×48ミリ)…


理化工業 ヒータライン制御に最適 温度調節計とSSRを一体化 1chタイプの温度調節計発売

理化工業(東京都大田区久が原5―16―6、保知輝英社長)は、SSR(ソリッド・ステート・リレー)内蔵の1chタイプの温度調節計「SB1シリーズ」=写真=を近く発売する。 新製品は、温度調節計とSSRを合体することで、省配線化とコンパクト化を実現したもので、ヒータラインと温度センサーをダイレクトに接続することで、すぐに温度制御が可能となる。また、本体に表示器や設定キー、ローダ通信を搭載しており、使用現場でもデータ設定や管理などが可能。 さらに、ピーク電流制御機能(SBリンク)により、最大4台の温度調節計をグループ分けして出力リミッタをかけると、制御出力を常用負荷率付近で4台が同時にONにならない…


チノー 大幅な省エネ効果期待岩手大学と温度調節計開発

チノーと岩手大学は、植物の発熱システムに注目し、世界で初めて植物の温度制御アルゴリズムを用いた温度調節計=写真=を開発した。温度整定時間の短縮、高いオーバーシュート抑制力を発揮し、制御対象により大幅な省エネ効果も期待できる。生物の繊細な代謝機能を模倣した工業化研究の成功例として大いに注目される。同社では、汎用温度調節計DBシリーズに搭載、制御対象の省エネ効果商品として、積極的に拡販する方針。 開発の温度調節計は、1998年に岩手大学農学部の伊藤菊一教授により開始されたザゼンソウの発熱研究に端を発し、その後の岩手大学工学部との農工連携、チノーとの産学連携を経て産業用温度調節計として商品化した。 …


理化工業 無線温度センサ変換器「NWS-Mini」

汎用センサに接続可能 理化工業はFOOMAに、温度調節計、無線温度センサ変換器、携帯用温度計、ペーパーレスレコーダなど温度にかかわるソリューションなどを多数展示する。小間番号は西3B-34。 このうち、無線温度センサ変換器「NWS-Mini」は、汎用の温度センサ(K熱電対)に接続することで、簡単に無線温度計測システムが構築できるもの。 接続できるセンサは、同社の貼付型温度センサST50シリーズや、市販のシース型K熱電対など、さまざまなK熱電対式温度センサが可能で、最大6台まで対応可能。また、設置方法も金属面設置(マグネット内蔵型=オプション)や、ストラップ設置などが選べる。 無線周波数帯は、2…


シマデン ハイブリッド調節計「SRP30シリーズ」

USBポート 前面に装備 シマデンは用途に応じた各種温度調節計をそろえているが、このうちハイブリッド調節計「SRP30シリーズ」は、プログラム調節計とデジタル調節計のハイブリッドタイプで、汎用用途から高度なプロセス制御まで1台で対応が可能。 外形寸法が96ミリ×96ミリの「SRP33」と、96ミリ×48ミリの「SRP34」の2モデルがそろっている。 大型5桁、11セグメントの見やすい文字表示を採用し、視認性と表現力を大幅に向上。また、プログラムパターン数最大9パターン、プログラムステップ数最大180ステップと複雑な温度制御にも対応し、高精度0.1%FS、サンプリング周期最速50msと基本性能も…


理化工業 デジタル指示調節計「FZシリーズ」

前面通信ポートなど装備 理化工業は、デジタル指示調節計として「FZシリーズ」「RZシリーズ」「PZシリーズ」を販売している。 FZシリーズは、全機種に前面ローダ通信ポートを装備しており、盤面に取り付けた状態でパソコンやUSBと接続してデータの管理が行える。また、数字の表示素子に一層鮮明で見やすい液晶(LCD)を採用し5桁の幅広いレンジ表示となっている。 48×96ミリ角と96ミリ角は、3段表示を実現しており、測定値、設定値、制御出力、エリア運転時間なども表示できるほか、2チャンネル制御や特許出願中のカスケード制御機能など多彩なアプリケーションに対応できる。さらに、前面から計器内部を簡単に交換で…


【各社トップが語る2019】横河電機、エッジ領域での存在発揮

エッジソリューションビジネス責任者 IAプロダクト&サービス事業本部プロダクト事業センターエッジソリューション統括部長 横山 俊樹 2018年4月から「エッジソリューションビジネス」として、当社のエッジ領域の要となるマシンコントローラFA-M3V/組み込みコントローラe-RT3のコントローラ事業、ファイバーセンシング事業、レコーダ/シングルループコントローラ/温度調節計/信号変換器のネットワークソリューション(「NetSOL」)事業を担当。 ファイバーセンシング事業は、光ファイバを使って温度監視で火災や漏れなどを防止する、当社にとって新しい取り組みだ。18年11月にはDTSX1として、熱検知に…