理化工業 ヒータライン制御に最適 温度調節計とSSRを一体化 1chタイプの温度調節計発売

2010年12月8日

理化工業(東京都大田区久が原5―16―6、保知輝英社長)は、SSR(ソリッド・ステート・リレー)内蔵の1chタイプの温度調節計「SB1シリーズ」=写真=を近く発売する。

新製品は、温度調節計とSSRを合体することで、省配線化とコンパクト化を実現したもので、ヒータラインと温度センサーをダイレクトに接続することで、すぐに温度制御が可能となる。また、本体に表示器や設定キー、ローダ通信を搭載しており、使用現場でもデータ設定や管理などが可能。

さらに、ピーク電流制御機能(SBリンク)により、最大4台の温度調節計をグループ分けして出力リミッタをかけると、制御出力を常用負荷率付近で4台が同時にONにならないようにリミットし、省エネ化にも繋がる。

そのほか、安全性に対応して、負荷電源遮断機能と内蔵のヒューズで、ループ断線警報(LBA)、またはFAIL時には負荷電源を内蔵リレーで遮断したり、負荷ショート時はヒューズで遮断が可能。

本体の外形寸法は、57×85×44ミリとコンパクトなため、取り付けもパネルやDINレールを始め、配管本体への巻きつけや吊り下げなど周辺環境に応じて、隙間や空きスペースを利用して行える。SSR内蔵の4chタイプ「PLUBO―1」も販売している。