Search Results for 流通

FA・制御・電子部品 流通商社の取り組み 市況横ばいも先行きに好材料

IoT、半導体、ロボット追い風 アメリカで保護主義を掲げるトランプ政権が発足、イギリスのEU離脱、不安定な中国経済など、世界経済は不確実で不透明となっている。そんななかFA・制御・電子部品の流通商社の2017年は、不安を抱えつつも、まずまずのスタートを切った。東京オリンピック需要の本格化、世界的なIoTやロボット需要の拡大などの好材料も多く、その勢いに乗り、ビジネス変革を進める企業も出始めている。 ソリューション営業を強化 Eコマース 台風の目 ■市況の様子 FA・制御・電子部品の流通商社の業績は会社によって差があるが、全体的な市況としては、ほぼ横ばいから若干のマイナス。期待されていた東京オリ…


FA・制御・電子部品 流通の傾向 半導体製造関連、車載が好調 前年度並みで推移 工作機械も今後上昇へ

  FA・制御・電子部品の流通を取り巻く環境は、8、9月以降に前年同期を上回る状況で推移したことで、春先からの停滞を少し補い、現状は前年同期比若干のマイナスとなっているところが多い。ただ、為替の円高傾向からの目減り分の影響を受けている要素もあり、実質的には前年度並みか、若干上回っているとも言える。スマホや車載関連の好調で、半導体需要が旺盛であることから、半導体製造装置、有機ELなどの製造装置の需要が拡大している。先行きが懸念されていた中国市場も工作機械などの需要が動きはじめており、日本の工作機械の出荷も上昇に転じるものと期待が高まっている。人手不足、人件費の上昇、高精度なものづくりニ…


FA・制御・電子部品の流通商社 今後の展望 製造業の国内回帰、インフラ投資拡大 好材料次々と

急速に進む原油安、相次ぐテロ、失速気味の中国経済など、新年早々、世界経済を取り巻く環境に暗雲が漂ってのスタートとなっている。FA・制御・電子部品の流通商社は、こうした動向に対して不安を感じながらも、総じて明るい年明けを迎えている。市場の成熟化という課題を抱えながらも、製造業の国内回帰、省力・省エネニーズの高まり、インフラ投資の拡大など先行きに期待を抱かせる材料も多い。この中で、次の一手が今後の流通を左右する状況も生まれてきそうだ。 FA・制御・電子部品の流通商社の業績は、各社まだら模様で推移している。前年に比べ10%以上売り上げを伸ばしているところがある一方、前年を下回る状況で推移しているとこ…


デンソーウェーブ 「生産性向上と流通の革新」 柵木充彦代表取締役社長

当社は「自動認識」「産業用ロボット」「産業用コントローラ」の3分野を中心に事業展開し、生産性向上、流通の革新に寄与している。昨年後半は中国の景気減速などの不安定要因はあったものの、自動車業界、電機・電子機器業界向けを中心に売り上げが堅調に推移した。今年も自動化ニーズは高いと見ている。 経済成長の著しい新興国においても、「ロボットを使った自動化にはシステム化が重要な役割を担う」ということがしっかりと理解され始めており、システムメーカーとしっかり手を携え、ニーズに応えていきたい。 また、昨年11月発表した「人との協働」「簡単インテグレーション」「卓上アプリケーションに適した性能」をコンセプトとした…


ノウハウを通貨のように流通させるインダストリー4.0 ~ベッコフオートメーション 川野 俊充社長

■日本でも関心高まる一途の「第4次産業革命」 インダストリー4.0(以下I4.0)やインダストリアルIoT(以下IIoT)の取り組みを進めていくにあたり「必要とするインフラ投資の合理的な経済効果を示せない」「オープン戦略における競合優位性をどう確立して良いか分からない」。I4.0関連の講演を行うと、最近はこうした相談を受けることが多くなった。 昨年の春ごろから日本でも独I4.0への関心が高まり、同時期に米IICが設立されたことも相まって、気がつくと本紙のような専門紙に限らず一般ビジネス雑誌やテレビのニュースでも「第4次産業革命」という見出しが躍っている状況だ。今年のシステムコントロールフェア・…


FA・制御・電子部品流通 設備投資3年ぶり増加 ロボット活用で人手不足解消

FA・制御・電子部品流通を取り巻く環境は、総じて今年前半は前年同期を上回る状況で推移していたが、後半スローダウン気味の基調となっている。商社各社の売り上げは、前年を下回っているところもあるが、前年同期を数%~10数%上回っているところも多く、堅調に推移しているようだ。 国内市場はPV(太陽光発電)関連が牽引(けんいん)し、幅広い機器の需要拡大につながってきた。しかし、電力の買い取り価格の値下げや電力会社の買い取り制限など、PVを取り巻く環境が大きく変化してきたことなどから、急速に需要が減少している。 一方、省エネ関連の需要は安定して継続しており、工場のエネルギー使用の見える化や平準化、LED照…


NEC 流通・物流の安全管理にIoTソリューションを5種類発売

NECは、流通・物流業、社会インフラの安全管理などに最適な5種類の新たなIoTソリューションを発売する。 2015年度下期発売予定の「土砂災害検知・予測ソリューション」は、主に官公庁や自治体向け。土中水分量を解析することで土砂斜面の崩壊の危険度をリアルタイム・高精度に算出し、危険性の高い斜面を高精度で早く把握できる。 「水需要予測ソリューション」は、16年度発売予定で、自治体や水道事業者向けになる。 過去の水利用履歴から水の消費量を予測し、余剰な造水やポンプ稼働を抑えて運用コストの低減に役立つ。 「電力需要予測ソリューション」は、新電力向けに発売を開始した。過去の電力消費量や天候、カレンダー情…


産業用資材や研究開発用品の通販にアマゾン参入 産業用資材流通に変化の波

流通業界の巨人、アマゾンが日本市場で産業用資材や研究開発用品などの通信販売に参入。6月末から「産業・研究開発用品ストア」をオープンした。ネット通販大手の参入で、製造現場で使われる装置部品などの間接資材(最終製品になる部品・材料以外)の流通構造が大きく変わる可能性が出てきた。製造業の製販需では、その動向を注視している。 ネット通販大手のアマゾンジャパン(東京都目黒区下目黒1-8-1、TEL0120-999-373、ジャスパー・チャン社長)が6月29日、産業用資材や研究開発用品など間接資材の取り扱いを開始した。すでにアメリカでは2012年に「アマゾンサプライ」としてサービスを提供し、今年4月には「…


FA制御機器流通 国内外で需要堅調 インフラ再興など波及効果期待

FA制御機器流通は、国内外で需要が堅調であることから、総じて明るく推移している。商社各社の売り上げも前年度比7~12%の増加で推移しているところが多い。すでにリーマンショック前の売り上げを超えている商社も多く、後遺症は徐々に消えつつある。 市場は、スマートフォンやタブレットPC向けなどで半導体関連や工作機械関連が好調に拡大しており、自動車関連も堅調となっている。PV(太陽光発電)関連も買い取り価格が下がる傾向にあるものの、メガソーラですでに申請済み分の残が2016年頃まで続くことや、家庭用は住宅メーカーがセット販売を進めていることもあり、当分継続した需要が見込まれている。 20年の東京オリンピ…


FA制御機器流通 堅調さ持続 リーマンショック前の水準に

FA制御機器流通は、昨年秋からの上昇基調を、消費税増税後も維持してきていたが、ちょうど約1年を経過したこともあり、8月以降は安定した推移に変化を見せている。 制御機器、電子部品によって山谷が多少ずれている面があるものの、2008年のリーマンショック前の水準に戻ることは、ほぼ確実なところまで回復してきている。 為替が円安に振れたことで、輸出環境には大きな追い風になって売り上げ増加につながったが、内需もインフラ関連、PV(太陽光発電)関連、スマートフォン・タブレットPC関連、自動車関連などの需要が牽引して、輸出とほぼ同じような堅調さを維持している。 ■健全な在庫状態で推移 日本電気制御機器工業会(…