ハーティング の検索結果

ハーティング「新コンセプトMICAに期待」能方 研爾 代表取締役

2016年度(16年9月期)の売り上げは、工作機械、半導体製造装置、ロボット、海外の鉄道プロジェクト向けのコネクタ販売が堅調に推移し、好調であった。15年度に携帯電話の基地局向けに大型受注があったこともあり、16年度はその分を除くと過去最高を更新している。 17年度(17年9月期)もFA向けで大型の新規プロジェクトなどの売り上げが貢献し、前年度比15~20%増の計画で取り組んでいる。 当社グループは、昨年度も順調な売り上げの伸びを示し、今後の目標に対しても、日本は健闘しており、グループの中からも期待されている。その達成に向けて、ロボット、工作機械、鉄道、半導体製造装置などを中心とした市場と、小…


ハーティング 角型コネクタとサーキットブレーカーUL取得 制御盤の設計で利便性向上

ハーティング(横浜市港北区、能方研爾代表取締役)は、同社の角型コネクタが世界で初めて、サーキットブレーカーと組み合わせて「UL 508」準拠の工業用制御盤の電気的接続に使用できるようになったと発表した。 ULを取得したのは、ハーティングの小型産業用コネクタHan 3Aハウジングに組み込まれた大電流用の「Han Q 3/0インサート」。 UL508では制御装置の電気回路について規定しており、安全策として、過電流が生じた場合に回路を遮断するヒューズやサーキットブレーカーの設置を義務付けている。これまで制御盤にコネクタを使用してUL 508認証を取得するのに使用できる過電流保護機器はヒューズだけだっ…


ハーティングとヒロセ電機協業 I4.0に対応したコネクタ開発

独・ハーティングとヒロセ電機は、10ギガビットイーサネット向けの小型接続技術に関する開発・標準化、およびマーケティングで協業していく。現在の標準規格であるRJ45コネクタを中心に展開し、インダストリー4.0などの標準となり、小型かつより堅牢な、高速性能に優れたイーサネット接続インターフェースの開発を目指す。 ハーティングは、世界で初めて産業用途に適した小型現場結線タイプRJ45製品を開発した。しかし、産業用には真に適した接続技術とはいえず、導入の際には絶えず改良が加えられている。IoTやそのサービスがもたらすグローバルなデジタル化が進む中で、接続における部品やインターフェースの小型化は極めて重…


ハーティング M12サイズコネクタを販売開始 16A/63Vに対応

ハーティング(横浜市港北区、能方研爾代表取締役)は、最大16A63Vに対応した丸型コネクタ「M12 Power」の販売を開始した。 同製品は、IEC61076-2-111規格準拠のLコードインターフェースを備え、M12サイズで大電流の供給を必要とするアプリケーションに適している。 IEC61076-2-111は、将来の電源用M12コネクタのベースとなる新しい規格で、新しいインターフェースLコードはこの新規格に含まれている。 5ピンのM12Lコードは最大16A/63Vに対応し、小型のサーボモータや分電ボックス、フィールドバス制御のI/O機器、電源装置やバルブでの使用に最適。 産業用通信ネットワー…


ハーティング イーサネット内蔵コネクタを発売

ハーティング(横浜市港北区、能方研爾代表取締役)は、コネクタシステムの新製品としてイーサネットスイッチ機能を備えた「Han-Modular SwItch US4モジュール」を発売した。新モジュールは四つのRJ45ポートを備え、EtherNet/IPやPROFINETベースで伝送速度最大1Gbpsの通信が可能となっている。 また、同社のHanコネクタにシームレスに組み入れることができるため、着脱可能なソリューションを提供し、スペースを削減できる。必要なスペースは、Han-Modularの標準モジュール2個分とコンパクトとなっている。 さらに、接続デバイスの送信・受信回路を自動的に検知し、各伝送路…


ハーティング ワンタッチコネクタ「PushPullシリーズ」に20ピンタイプを追加

ハーティング(横浜市港北区、能方研爾代表取締役)は、防水防塵の小型ワンタッチ式コネクタ「PushPullシリーズ」に、20ピンタイプを1日から販売開始した。 PushPullシリーズは、共通の内部ロック機構により片手で迅速に挿抜でき、ネジ締めのようにスペースを必要としないため、高密度の取り付けが可能なコネクタ。1コンタクトごとに最大2Aまで対応し、1つのコネクタで用途に合わせて小電力の電源とデータ信号を自由に組み合わせることができる。 今回、共通のプラスチックハウジングに従来の10ピンの倍の20ピンのコンタクトを追加したことで接続の集約度を高めることができる。 また、コネクタピンの一部は小電力…


ハーティング RJ45パッチケーブルに新製品「RJ45 DualBoot」 狭スペースで作業容易

ハーティング(横浜市港北区、能方研爾代表取締役)は、産業用のイーサネットRJ45パッチケーブル製品に、狭スペース対応の新ロック解除機構を備えたプッシュプルケーブル「RJ45 DualBoot」を追加した。 新製品は、コネクタとケーブルの接続部分のブーツを引っ張るだけでロックが解除され、簡単に取り外すことができるため、狭スペースでもツメ部分まで手を入れずに容易に操作することが可能になる。 また、取り外しに手間取りツメを誤って折ってしまうということもないため、作業性も向上。 さらに、完全シールドされており、伝送速度10Gbps対応のCat. 6Aタイプと1Gbps対応のCat.5eタイプで、色、長…


ハーティング 衛生設計の丸型コネクタ「Han F+Bコネクタ」を食品・飲料業界向けに販売開始

ハーティング(横浜市港北区新横浜1-7-9、TEL045-476-3456、能方研爾社長)は、主に食品・飲料業界用途向けの過酷な洗浄に耐える衛生設計の丸型コネクタ「Han F+Bコネクタ」の販売を開始した。 食品業界では、製造現場で使用する機械や部品も、凹凸がなく、食材・食品の一部が溝に溜まらない設計といった極めて高い衛生・安全性が求められる。 新製品は、丸みを帯びた形状と滑らかな表面を備え、バクテリアの発生源となる食品の付着などを防ぎ、洗浄しやすい設計。また、ハウジングは米国食品医薬品局(FDA)認定の安全性を備えたポリプロピレン(PP)プラスチックを使用。 さらに、ハウジングは高圧洗浄およ…


ハーティング イーサネット通信用コネクタ「M12 Pushpullコネクタ」発売

ハーティング(横浜市港北区新横浜1-7-9、TEL045-476-3456、能方研爾社長)は、M12丸型コネクタの堅牢性とPushPull機構によるワンタッチ着脱の高い操作性を兼ね備えたイーサネット通信用「M12 PushPullコネクタ」を1日から販売開始した。 新製品は、M12丸型コネクタの堅牢性を維持しながら、PushPull機構の採用により、片手で簡単・迅速に着脱が可能となっている。また、嵌合の際にはPushPullコネクタ共通のクリック音によりロックを確認でき、未挿入を防止できる。 さらに、ねじ方式のようなトルク管理は不要で、ロック機構がコネクタを確実に保持とリリースし、しかもねじ方…


ハーティング インダストリー4.0を支える製品群 IoT具現化に向け訴求

ハーティングは「産業オープンネット展」で「産業システムの統合」に求められる高速通信、多機能化、モジュラー化に対応する製品・ソリューションを展示する。ニーズの多様化が進む現在、カスタマイズ製品を従来のコストと納期で提供する生産システムが求められているが、この課題への取り組みとして、製造現場ではドイツの産官学主導による次世代工場を考えるイニシアティブ「Industrie 4.0(I4.0)」をはじめ、「産業システムの統合(Integrated Industry)」が始まっている。 会場では、IoTを具現化する製造現場に適した堅牢なRFIDソリューションや、センサーの無線化を実現する革新的なRFID…