自動認識総合展 の検索結果

速報取材レポート公開「第20回自動認識総合展」RFIDや画像識別など今年の見どころ徹底解説

2018年9月12日(水)〜14日(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催中の「第20回自動認識総合展(AUTOID & COMMUNICATION EXPO 2018)」。 製造工程、物流工程、店頭管理、顧客管理、セキュリティなどあらゆる場面で活用が広がる「自動認識技術」に関するソリューションを網羅した展示会です。20回目を迎える今回は、国内外から100社近くが出展。19,000人もの来場者数を見込んでいます。 本ページでは展示会の概要と速報取材レポートをお届けします。 製造業向けカタログポータル Aperza Catalog(アペルザ カタログ)では、展示会出展企業のカタログがダウ…


「第20回自動認識総合展」9月12日~14日 東京ビッグサイト、未来をつなぐAUTO-ID

国内唯一の自動認識技術とソリューションの専門展示会「第20回自動認識総合展 AUTOID&COMMUNICATION EXPO 2018」(主催=日本自動認識システム協会)が、9月12日(水)~14日(金)の3日間、東京ビッグサイトの西4ホールで開催される。 開場時間は10時~17時。入場料は1000円(Webでの事前登録者および招待券持参者は無料)。同会場で開催されている「国際物流総合展2018」(東1~6・8ホール)と相互入場が可能。   人を介さずに、ハード、ソフトを含む機器によって自動的にバーコードや磁気カード、RFIDなどのデータを取り込み、内容を認識する自動認識…


第19回自動認識総合展-AUTOID&COMMUNICATION EXPO 2017 9月13日~15日 東京ビッグサイト

国内唯一の自動認識技術、ソリューションの専門展示会「第19回自動認識総合展-AUTOID&COMMUNICATION EXPO 2017」(主催=日本自動認識システム協会)が、9月13日~15日までの3日間、東京ビッグサイト東6ホールで開催される。開場時間は午前10時~午後5時、入場料は1000円(Webでの事前登録者および招待券持参者は無料)。また、「IFPEX2017(フルードパワー国際見本市)」「測定計測展」「センサエキスポジャパン 2017」「SUBSEA TECH JAPAN 2017」「TEST2017(第14回総合試験機器展)」も同時開催される。 101社・団体268小間が出展 …


第18回自動認識総合展 AUTOIDが結集 3つのゾーンで展示 102社4団体270小間が出展

バーコード、RFID、バイオメトリクスをはじめとした自動認識機器関連のハードウエア・ソフトウエアを一堂に集めた展示会「第18回自動認識総合展-AUTOID&COMMUNICATION EXPO 2016」(主催=日本自動認識システム協会)が、14日(水)~16日(金)までの3日間、東京ビッグサイト(東4ホール)で開催される。出展社数は102社4団体270小間(前回は97社4団体250小間)。開場時間は午前10時~午後5時。入場料は1000円(事前登録者および招待券持参者は無料)。また、東1、2、3、5、6ホールで開催の「国際物流総合展」にも再登録すると無料で入場できる。 自動認識技術は、従来の…


第17回自動認識総合展-AUTOID&COMMUNICATION EXPO2015 東京ビックサイトで開催 97社4団体が最新技術披露

バーコード、RFID、バイオメトリクスをはじめとした自動認識機器関連のハードウェア・ソフトウェアを一堂に集めた展示会「第17回自動認識総合展-AUTOID&COMMUNICATION EXPO2015」(主催=日本自動認識システム協会)が、9月16日(水)~18日(金)までの3日間、東京ビッグサイト(西2ホール)で開催された。自動認識技術は、従来の「省力・効率」を求める分野に加えて、社会において人が安心して生活できる「安全・安心」の分野、物流・製造など現場の「見える化」の分野へも大きく広げている。 同展は「バーコード・2次元シンボル、RFID、バイオメトリクス、画像認識といったIDの…


第16回自動認識総合展 「NFC」「画像認識」「センサネットワーク」3ゾーンに展示 安心・安全/現場の”見える化”分野も重視

バーコード、RFID、バイオメトリクスをはじめとした自動認識機器関連のハードウェア・ソフトウェアを一堂に集めた展示会「第16回自動認識総合展―AUTOID&COMMUNICATION EXPO 2014」(主催=日本自動認識システム協会)が、9月10日(水)~12日(金)までの3日間、東京ビッグサイト(東4ホール)で開催されるた。出展社数は91社2団体240小間。開場時間は午前10時~午後5時。入場料は1000円(事前登録者及び招待券持参者は無料)。また、東2、3、5、6ホールで開催の「国際物流総合展」にも再登録すると無料で入場できる。 自動認識技術は、従来からの「省力・効率」を求める分野に加…


AUTOID & COMMUN CATION EXPO 2013 第15回自動認識総合展 バーコード、RFID、バイオメトリクス関連ハード、ソフトを一堂に 9月25日から3日間 東京ビッグサイト 81社4団体が246小間に出展

バーコード、RFID、バイオメトリクスをはじめとした自動認識機器関連のハードウェア・ソフトウェアを一堂に集めた展示会「第15回自動認識総合展―AUTOID&COMMUNICATION EXPO2013」(主催=日本自動認識システム協会)が、9月25日(水)~27日(金)までの3日間、東京ビッグサイト(東4ホール)で開催される。出展社数は81社4団体246小間。開場時間は午前10時~午後5時。入場料は1000円(事前登録者及び招待券持参者は無料)。 自動認識技術は、従来からの「省力・効率」を求める分野に加えて、社会において人が安心して生活できる「安全・安心」の分野、物流・製造など現場の「見える化…


大阪で自動認識総合展開催

「第10回自動認識総合展・大阪」(主催=日本自動認識システム協会)が13、14の両日、大阪のマイドームおおさかで開催された。 同展示会は、バーコード、2次元シンボル、RFID、NFC(Near Field Communication=近距離無線通信)、ICカードなどの自動認識技術や、これらの技術を生かした物流やマテハン、生産、医療支援、セキュリティなどのソリューションを展示する自動認識技術・ソリューションの専門展示会。展示には27社・団体(46小間)が参加した。 出展メーカー・団体による展示のほか、「自動認識セミナー」では、NFCの最新動向、医療現場での導入事例と今後の展望、RFIDの最新活用…


第14回自動認識総合展 「省力・効率」から「安全・安心」「見える化」まで応用分野拡大 NFCの新提案コーナー新設

バーコード、RFID、バイオメトリクスをはじめとした自動認識機器関連のハードウェア・ソフトウェアを一堂に集めた展示会「第14回自動認識総合展―AUTOID&COMMUNICATION EXPO2012」(主催=日本自動認識システム協会)が、9月12日(水)~14日(金)までの3日間、東京ビッグサイト(東1ホール)で開催される。出展社数は105社3団体265小間。開場時間は午前10時~午後5時。入場料は1000円(事前登録者及び招待券持参者は無料)。また、国際物流総合展の来場者も再登録すると無料で入れる。 自動認識技術は、従来からの「省力・効率」を求める分野に加えて、社会において人が安心して生活…


「第14回自動認識総合展」 東京ビッグサイトで9月12~14日

自動認識機器関連のハードウェア・ソフトウェアを一堂に集めた展示会「第14回自動認識総合展―AUTOID COMMUNICATION EXPO2012」(主催=日本自動認識システム協会)が、9月12日(水)~14日(金)までの3日間、東京ビッグサイト(東1ホール)で開催される。出展社数は105社3団体(265小間)。 同展は、自動認識技術関連のバーコード、2次元シンボル、RFID、バイオメトリクス(生体認証)、画像認識技術、及びこれらの技術を生かしたソリューション(物流、流通、生産、施設オフィス管理支援など)や応用システムを展示する専門展。 展示会と併催で「自動認識セミナー」も13タイトルで22…