第13回自動認識総合展AUTOID EXPO 2011 先端ソリューションを支える自動認識技術 バーコード、RFIDなどが一堂に展示自動認識セミナーなども多数併催

バーコード、RFID、バイオメトリクスをはじめとした自動認識機器関連のハードウェア・ソフトウェアを一堂に集めた展示会「第13回自動認識総合展―AUTO
ID
EXPO2011」(主催=日本自動認識システム協会)が、8月31日(水)~9月2日(金)までの3日間、東京ビッグサイト(東1ホール)で開催される。出展社数は101社4団体255小間。開場時間は午前10時~午後5時。入場料は1000円(事前登録者及び招待券持参者は無料)。
自動認識技術は、従来からの「省力・効率」を求める分野に加えて、社会において人が安心して生活できる「安全・安心」の分野、物流・製造等現場の「見える化」の分野へも大きく広げている。

同展は、「バーコード、2次元シンボル、RFID、バイオメトリクス(生体認証)、IC&磁気カードなどの先端自動認識技術」と、これらの技術を活かした「ソリューション(物流、流通、医療支援、セキュリティ分野の機器、応用システム)」の2つから構成された展示会として、毎年開催されている。

今回も、自動認識ベンダー、コンピュータ関連業界をはじめ、アパレル、飲料、食品、出版、流通、物流、医療、セキュリティ、公共関係など広範囲な業種の開発、企画、営業、情報システム、設計、生産管理、購買担当者などの来場が見込まれている。前回は約2万7500人の来場があったが、今回をそれ以上の来場が見込まれている。

自動認識を活用したソリューションにスポットを当てた「自動認識ソリューション展示ゾーン」では、物流、流通、生産、セキュリティ、各種の5つのソリューションゾーンを設け、問題解決に繋がる展示を行う。

また、この展示カテゴリーごとのソリューションを紹介する「自動認識ソリューションコーナー」も、生産(31日)、セキュリティ(1日)、医療・介護、物流(2日)のテーマで連日行われ、14社・団体などが発表する。

一方、展示会に併設して「自動認識セミナービジネス・テクニカルスパイス」が3日間行われる。10タイトル・トータル20講演が予定されているが、いずれも講師は各界の専門家が切り口鋭く実例などを入れながら最新の自動認識技術について講義し、通常ではなかなか聴講できない内容となっている。

その他、出展企業による新製品発表会、自動認識システム大賞受賞企業発表会、日本自動認識システム協会セッションなども予定されている。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG