国際物流総合展2016 9月13日から4日間 東京ビッグサイトで

「国際物流総合展2016」(主催=日本ロジスティクスシステム協会、日本能率協会、他関連5団体)が、9月13日~16日の4日間、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開かれる。

同展は、物流・ロジスティクスの先進情報が収集できる日本唯一・アジア最大級の専門展示会。1994年の第1回以降、隔年で開催しており、今回が12回目となる。

今回は「物流展でみつけよう~課題解決のネクストステップ~」のテーマのもと、456社2077小間(前回418社1701小間)が出展し、前回比38社376小間増加と過去最大の規模となる。

今回も、産業車両、運搬車両、保管機器、仕分け・ピッキングシステム、パレット、情報システム、ロジスティクスサービスなどの最新の物流・ロジスティクスのソリューションが提案される。また、ロジスティクス講演会では、「ドローン」「IoT」「ビッグデータ」「AI」「ロボット」「省力化」「自動化」などをキーワードとした未来志向のソリューションや最新情報が紹介される。

同時に、計72セッションにおよぶプレゼンテーションセミナーも企画されており、すべて無料で聴講できる。入場料は1000円であるが、事前登録者は無料。主催者では5万5000人の来場者を見込んでいる。

なお、同時開催で「自動認識総合展」が、14日~16日の3日間、東4ホールで開催され、相互入場ができる。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG