「第12回自動認識総合展―AUTO
ID
EXPO2010」(主催=日本自動認識システム協会)が、9月15日(水)~17日(金)までの3日間、東京ビッグサイト(東1ホール)で開催される。

出展社数は120社5団体306小間。

同展は、自動認識技術の従来からの「省力・効率」を求める分野に加えて、社会において人が安心して生活できる「安全・安心」の分野、物流・製造等現場の「見える化」の分野へも大きく広げ、バーコード、2次元シンボル、RFID、バイオメトリクス(生体認証)、IC&磁気カードなどの先端自動認識技術及び、これらの技術を生かしたソリューション(製造、流通・物流、トレーサビリティ、医療支援、セキュリティ分野の機器、応用システム)を展示する業界最大の展示会。

今回から自動認識を活用したソリューションを集中展示する「自動認識ソリューション展示ゾーン」を設けた。

ここでは物流、流通、製造、セキュリティ、各種の5つのソリューションゾーンを設け、それぞれの問題解決に繋がる展示を行う。

自動認識技術で困っていることや選定のポイントなど、何でも相談できる「自動認識相談コーナー」も設けている。

さらに、自動認識セミナーや、出展企業による新製品発表、自動認識ソリューションステージなど多彩なプレゼンテーションも企画されている。

来場者は、自動認識ベンダーのみならずコンピュータ関連業界をはじめ、アパレル、飲料、食品、出版、流通、物流、医療、セキュリティさらには公共関係と広範囲で、その職種も開発、企画、営業、情報システム、設計から生産管理、購買担当者など多岐にわたっている。前回の第11回は約2万2000人が来場した。

開場時間は、午前10時~午後5時。入場料は1000円(事前登録者、及び招待券持参者は無料)。

なお、同時期開催で「国際物流総合展2010」(東2、3、5、6ホール)と「ECO―MAnufacture2010」(東4ホール)も開かれ、無料で相互入場できる。

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る