放射温度計 の検索結果

チノー 放射温度計3機種、低温域も安定測定

チノーは、さまざまな測定範囲に対応する放射温度計「IR-CZP/CZI/CZS」シリーズ3機種を1月29日から発売した。 新シリーズは、従来製品「IR-CA」の上位機種として、光学系の設計と内部演算回路設計を追求し、精度定格の向上や分解能の向上など、基本特性が向上。光学系の一新によって、測定の外乱要素となる迷光を低減し、低温域でも安定した測定を可能にしている。 低中温用のIR-CZPは、短波長・低温からのワイドレンジで、従来は測定が困難だった低温低放射率の物体の高速かつ安定した温度測定を実現。低温から高温まで1台で計測ができる。


GMIジャパン 本質安全防爆形放射温度計「ExTempシリーズ」 小型で国内防爆検定を取得

GMIジャパンは計測展に、SIL3対応本質安全防爆バリヤ・信号変換器・セーフティリレーや、本質安全防爆形放射温度計「ExTempシリーズ」などを中心に展示する。 「ExTempシリーズ」は、日本の産業安全技術協会(TIIS)の防爆型式検定に合格(21097)しており、国内の危険場所ゾーン0、1、および2(特別危険箇所、第1類危険箇所、および第2類危険箇所)で使用できる。 本質安全防爆構造ながら、約475グラムと軽量で、サイズも20ミリ、長さ150ミリと小型・コンパクトサイズのため、小さなスペースでも取り付け可能。また、測定温度範囲は20℃~1000℃と広いが、オプションのUSBアダプターと設定…


GMIジャパン 本安防爆放射温度計「ExTempシリーズ」を発売 PC接続も容易

GMIジャパン(横浜市中区海岸通4-23、TEL045-228-9502、田中健一社長)は、本質安全防爆形放射温度計「ExTempシリーズ」の販売を開始した。 「ExTempシリーズ」は、日本の産業安全技術協会(TIIS)の防爆型式検定に合格(21097)しており、国内の危険場所ゾーン0、1、および2(特別危険箇所、第1類危険箇所、および第2類危険箇所)で使用できる。 本質安全防爆構造ながら、約475グラムと軽量で、サイズもΦ20ミリ、長さ150ミリと小型・コンパクトサイズのため、小さなスペースでも取り付け可能。 また、測定温度範囲はマイナス20℃~プラス1000℃と広いが、オプションのUSB…


チノー 放射温度計「IR-CZQW」発売。 小形・高精度・高速応答

チノーは、小形・高精度・高速応答の放射温度計「IR-CZQW」を10月21日より発売した。 放射温度計は非接触で物体の温度を測定するために多く用いられるが、今回三つの測定波長を用いたことで、350℃からの2色温度測定が可能で、また測定対象に合わせて測定方式の2色/単色切り替えができるなど従来品「IR-CZシリーズ」の適用範囲をさらに広げている。 新設計の光学系の採用、3波長同時取り込み、常時ゲイン監視・高速切り替えなどの新技術、周囲温度補償の新アルゴリズムを搭載することで、2色温度測定での光路障害の影響を低減。データ更新周期の高速化で2~15msという応答性アップも実現。0.3℃と高い分解能も…


【各社トップが語る2019】GMIジャパン、防爆マルチプレクサ拡販

代表取締役社長 田中 健一 イタリアの防爆バリヤや安全リレーのメーカー、GMインターナショナル社の日本法人として営業を展開している。GMI社の本質安全防爆バリヤは、IECEx、ATEX、FM、DNVなど、ロシアも含めて世界各国の防爆認定を取得し、世界的な販売網を持っている。 主な本質安全防爆バリヤは日本の防爆検定も取得済で、大半の製品は機能安全SIL3に対応している。また、本質安全防爆マルチプレクサ、本質安全防爆電源(SIL対応)と表示器も提供している。 2018年12月期の売り上げは前年度比横ばいであったが、今年から営業を増員し、売り上げ50%増を計画している。 注力する製品のSIL2対応の…


【各社トップが語る2018】GMIジャパン「防爆マルチプレクサ拡販」

代表取締役社長 田中健一 イタリアの防爆バリヤや安全リレーのメーカー、GMインターナショナル社の日本法人として営業を展開しているが、市場での認知度も年々上がってきている。 GMI社の本質安全防爆絶縁バリヤは、SIL3認定品がそろっており、自社でSILの計算と製品認定ができる高い技術力も持っている。日本の防爆検定取得品も増えてきており、輸出案件に加え、国内での使用も可能になっている。本質安全防爆絶縁バリヤについては国内でIDECを販売窓口にして拡販を行っているが、徐々に浸透してきており、売り上げが増えている。 今年は新製品として、本質安全防爆のマルチプレクサ「D2000シリーズ」で国内の防爆検定…


GMIジャパン HARTマルチプレクサ「モデム5700」256台のスマート機器 接続

GMIジャパンはイタリアの防爆機器メーカーとして、SCF・計測展に本質安全防爆バリヤ、避雷器、防爆電源、放射温度計などを中心に展示する。 防爆バリヤはIECEx、ATEX、FM、DNVなど、ロシアも含めた世界各国の防爆認定を取得している。しかも大半の製品はSIL3に対応している。 HARTマルチプレクサー・モデム5700はHARTネットワーク上の最大256台のスマート機器(HART伝送器、Ⅰ/Pポジショナー、比例バルブ等々)を処理できる。各フィールド機器は、コンピュータにインストールされたFDTベースのソフトウエア・パッケージ(PACTWAREなど)と専用DTM(DEVICE DTM、またはC…


GMIジャパン「SIL3対応製品を訴求」田中 健一 代表取締役社長

イタリアの防爆バリヤや安全リレーのメーカー、GMインターナショナル社の日本法人として今年1月から4年目に入った。 バリヤの市場は景気があまり良くないこともあり、国内外とも冷え込んでいる。このため、限られた市場での販売競争が激化する様相で推移している。 GMI社の本質安全防爆絶縁バリヤは、SIL3認定品がそろっており、自社でSILの計算と製品認定ができる高い技術力も持っている。日本の防爆検定取得品も増えてきており、輸出案件に加え、国内での使用も可能になっている。国内の防爆機器メーカーと連携した営業活動も進めており、今後の大きな売り上げに繋がってくることを期待している。 また、避雷器(アレスタ)D…


GMIジャパン 「SIL3対応製品をPR」 田中健一代表取締役社長

イタリアの防爆バリアや安全リレーのメーカー、GMインターナショナル社の日本法人として、日本市場での拡販を展開している。 GMI社の本質安全防爆絶縁バリアは、SIL3認定品をそろえ、自社でSILの計算と製品認定ができる高い技術力を持っている。日本の防爆検定も昨年取得できたことから、輸出案件に加え、国内市場でも浸透に取り組んでいる。すでに防爆製品のラインアップに加えてくれているところもあり、今後の販売に期待している。昨年の「計測展TOKYO」に出展・展示したが、高い関心を持っていただき、引き合いも多数いただいた。 今年は、SIL3対応のセーフティリレーの販売や非防爆品の販売増にも注力したい。アプリ…


FLIR、スマホ、デジカメ感覚で使える超小型・低価格サーモグラフィ

品質要求が厳しくなるなか、ハイスピードカメラやサーモグラフィといった特殊カメラを工程に導入する事例が増えている。「FLIR」ブランドを展開するサーモグラフィのトップメーカー、フリアーシステムズジャパン(東京都品川区上大崎2-13-17、TEL03-6721-6648)の香川大造カントリーマネージャーに話を聞いた。 -サーモグラフィの現況について。 香川氏 かつての国内のサーモグラフィ市場は、機器自体が高額だったこともあり、研究開発や、電気設備、建築の老朽化、水漏れ診断など一部のユーザー・用途に限られていた。そのなかで各社が奪い合う構図が長年続いてきた。 それに対し当社は、マーケットの拡大を課題…