温度調節器 各社の主力製品 チノープログラム調節計DP2000G2入力切替で広域制御高温熱処理炉などに最適

計測・制御・監視大手のチノーは、新製品の広域制御用グラフィック形プログラム調節計「DP2000G」が、広範囲を高精度制御でき好評。

新型DP2000Gは、既発売のグラフィック形プログラム調節計DP―Gシリーズの広域制御用2入力切替式調節計で、制御領域を低域と高域に分割し、それぞれの領域で最適なセンサーを使用して広範囲を精度良く制御できる。センサーは制御領域に応じて自動で切り替えを行う。低温域では熱電対を、高温域では放射温度計を使用して制御を行う高温熱処理炉などに最適。

表示は5・6型TFTカラー液晶ディスプレイを採用しているため豊富な制御データが見易く、操作も対話型で優れる。

プログラムパターンは最大200種類(最大4000ステップ)を登録可能である。プログラムパターンや設定パラメータはコンパクトフラッシュカードに保存管理できる。外部からの駆動信号やタイムシグナル、ステータス信号など周辺機器とのインターフェース機能も充実。
(http://www.chino.co.jp)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG