CALEXテクノロジー 本安防爆放射温度計 180℃環境で使用可

CALEXテクノロジー(横浜市中区)は、小型の本質安全防爆形放射温度計「ExTempMiniシリーズ」の販売を開始した。

新製品は、危険ガス雰囲気「Zone 0」にセンサヘッドを、同「Zone 1」にアンプユニットを設置でき、しかもセンサヘッドは冷却ジャケット無しで最大180℃の高温環境下で使用できる。しかも、温度測定範囲はマイナス20℃~プラス 1000℃が可能。

出力信号は2線式4-20mAで、オプションのUSB設定器やRS-485用MODBUS信号インタフェースを使用して4-20mAのスケーリングの温度範囲設定、放射率設定などができる。

さらに、センサヘッドは316ステンレス製で舶用としても使用でき、ケーブル長は最大25メートル。

防爆認証番号は、ATEX(CML 22 ATEX 2007X)、IECEx(IECEx CML 22.0001X)、日本国内(CML 22JPN2009X)、UKCA(CML 22UKEX2008X)。

主な仕様は次の通り。
▽外形寸法=アンプユニット99×65×35ミリ/センサヘッドφ20×68.5ミリ▽保護等級=IP65▽適合規格=CEマーキング、RoHS

https://calextechnology.com/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG