Check !!

GMIジャパン「SIL3対応製品を訴求」田中 健一 代表取締役社長

イタリアの防爆バリヤや安全リレーのメーカー、GMインターナショナル社の日本法人として今年1月から4年目に入った。

バリヤの市場は景気があまり良くないこともあり、国内外とも冷え込んでいる。このため、限られた市場での販売競争が激化する様相で推移している。

GMI社の本質安全防爆絶縁バリヤは、SIL3認定品がそろっており、自社でSILの計算と製品認定ができる高い技術力も持っている。日本の防爆検定取得品も増えてきており、輸出案件に加え、国内での使用も可能になっている。国内の防爆機器メーカーと連携した営業活動も進めており、今後の大きな売り上げに繋がってくることを期待している。

また、避雷器(アレスタ)D9000シリーズの拡販にも注力している。同製品は、IEC61508:2010Ed・2に準拠し、業界初の機能安全(SIL3)に対応しているのが大きな特徴。2段階のサージ保護回路を備え、現場の計測器やPLC/DCS/ESD制御システムを雷誘導サージなどから保護できる。

また、今年からD5700シリーズHARTメインテナンス・システムとして、GM5700マスターモジュールの販売も開始する。スレーブモジュール不要で、通信速度も従来の2倍と高速なのが特徴である。

一方、日本の防爆検定取得済の本質安全防爆形放射温度計ExTempは、小型・軽量で、コスト競争力も高いことから、本質安全防爆絶縁バリヤとの一体販売を進めていく。
さらに、高精度な位置検知ができるAeroScoutのWi-Fiアクティブタグや、セーフティリレーの販売も計画している。

今年4月25日~28日の予定で、機能安全エンジニア資格コースのセミナーの開催も進めている。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG