チノー、放射温度計のビデオスコープオプション発売 ビデオスコープとレーザー投光機能搭載

チノーは、放射温度計の高性能タイプ「IR-CZシリーズ」のオプションとして、可視画像カメラとレーザ投光機能を搭載し、測定対象物の温度を計測しながら赤熱状態を映像で監視できるビデオスコープオプションを発売した。

これまで放射温度計で測定対象物の視定を行う場合、直視ファインダまたはレーザ投光機能のいずれかを使用していたが、ビデオスコープとレーザ投光機能を併用することで狭い場所や暗い場所、対象物が小さい場合など視定が困難な条件下において確実に測定視野を確保できるようになる。

また外部モニタを使うことで赤熱部の状態をリアルタイムに監視ができ、先端素材の研究開発から生産現場での品質管理など高度な温度計測が可能になる。また、ビデオスコープ映像の録画・再生や遠方からのリモート監視システム等への拡張もできる。

https://www.chino.co.jp/

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る