マグネットスイッチ の検索結果

電磁開閉器市場 活況続く、社会インフラ整備・都市再開発で需要増

電磁開閉器(マグネットスイッチ)の市場は、都市再開発などの社会インフラ、工場設備のリニューアルなどの需要が牽引役となり繁忙が継続している。また、BCP(事業継続計画)やIoT、5Gといった情報化投資もデータセンターの増設などとなって追い風になっている。 今後はDC給電市場の拡大を期待する声もあり、新たな展開として注目される。製品は小型・薄型化、低消費電力化、省工数などをポイントにした開発が継続し、海外市場への対応も進んでいる。   IoT・5G 高まる期待 電気回路の開閉制御を行う役割を果たす電磁開閉器は、電磁石で接点を開閉する電磁接触器(コンタクタ)と、電動機の過負荷保護を行うため…


【電磁開閉器特集】半導体・工作機械向けが好調

電磁開閉器(マグネットスイッチ)の市場は、主力需要先である半導体製造装置、工作機械の好調な生産を受け、販売が大きく伸びている。新市場として電池関連も期待されており、今後は都市再開発やオリンピック・パラリンピック需要が本格化してくることでさらなる伸長が見込まれている。生産も順調に展開されていることで、納期も計画的に進捗しており、大きなトラブルにはなっていないことで、メーカー各社の売り上げも計画どおり進展しており、利益も銀や銅などの素材価格も比較的安定していることからしっかり確保できているところが多い。 今後、ⅠoTに絡んだ情報化投資の拡大も見込まれ、さらなる上昇基調が期待されている。製品は小型・…


電磁開閉器特集 工作機械向けが回復

半導体・FPDも好調 電磁開閉器(マグネットスイッチ)の市場は、牽引してきたPV(太陽光発電)システム向けが停滞していることが影響しているものの、大きな市場である工作機械市場は反転に向かいつつある。また、半導体や液晶製造装置の出荷が好調を継続していることで需要を支えている。今後東京オリンピック・パラリンピック関連や都市の再開発などのインフラ需要に加え、ⅠoTに絡んだ情報化投資の拡大が見込めることから上昇基調が期待されている。製品は小型・薄型化、低消費電力化などをポイントにした開発が継続しているが、地域、用途に特化した製品開発も取り組まれている。 東京五輪で進む再開発 インフラ需要拡大 電気回路…


安定した需要続く電磁開閉器 工作機械・半導体・建築物・電力・鉄道 幅広い分野をカバー

電磁開閉器(マグネットスイッチ)の市場が依然堅調な動きで推移している。需要裾野の広さを背景にして、用途ごとには変化があるものの総じて上昇トレンドになっている。市場が上昇基調であることもあり、販売価格も安定しており、電磁開閉器の各社の売り上げ増につながっている。製品開発は、小型化と低消費電力化をポイントに改良が加えられ、市場ごとのローカルニーズに対応した取り組みも目立つ。今後も地産地消の生産を基調にしながら安定した需要が続きそうだ。 電気回路の開閉制御を行う役割を果たす電磁開閉器は、電磁石で接点を開閉する電磁接触器(コンタクタ)と、電動機の過負荷保護を行うために熱を利用して動作する熱動型過負荷継…


上昇気流に乗る電磁開閉器 需要先業界の拡大が追い風 小型化・低消費電力化がポイント

電磁開閉器(マグネットスイッチ)の市場が上昇基調で推移している。電磁開閉器の主要需要先業界の拡大が継続していることが大きな追い風になっている。単価が下がっていることもあり、金額的な伸びは低いものの、数量的には過去最高を更新した状況が続いているものと思われる。製品開発も、小型化と低消費電力化をポイントに改良が加えられている。今後も地産地消的な動きが強まるものとみられ、生産と市場のグローバル化が進みそうだ。 電気回路の開閉制御を行う役割を果たす電磁開閉器は、電磁石で接点を開閉する電磁接触器(コンタクタ)と、電動機の過負荷保護を行うために熱を利用して動作する熱動型過負荷継電器(サーマルリレー)を組み…


電磁開閉器特集

電磁開閉器(マグネットスイッチ)の市場が回復基調を続けている。工作機械、半導体製造装置などの生産が堅調な拡大を見せていることに加え、ソーラー(PV)発電をはじめとした新エネルギー発電への投資が、市場の伸びを支えている。ビルのリニューアル化の動きも追い風になっている。日本電機工業会(JEMA)の出荷統計では、2013年が前年比5・3%増と2年振りのプラスとなっている。機器・装置全体が小型化傾向を強める中で、電磁開閉器を設置するスペースも小さくすることが求められており、年々小型化が進んでいる。工場の海外移転も増えていることから、グローバル市場に対応した生産体制や規格対応などでの取り組みが進んでいる…


前期比2桁伸長にマト三菱電機の機器事業ASEAN市場開拓強化 国内はエネ関連に重点

三菱電機の機器事業部長に4月から福山製作所副所長の南公敏氏が就任した。シーケンサやサーボモータ、インバータ、表示器、配電制御機器などを所管する機器事業部は、業界トップシェアの製品も多く、同社の中核事業のひとつとなっている。 南機器事業部長は「国内のエネルギー関連市場への取り組みを強めるとともに、伸長が著しいASEAN市場の開拓に向けて機器事業部のアジア事業推進部で取り組むことで、機器事業を前期比10%以上伸ばしたい」と今後の方針を明らかにした。 4月から、FA海外事業部のうち、ASEAN地域を機器事業部が所管することで、日本からASEAN地域へ進出している日系企業のビフォアとアフターサービスを…


公共施設向けは拡大基調 電磁開閉器

電磁開閉器(マグネットスイッチ)の市場は、ビルや公共施設の建物関係向けは拡大基調で推移しているが、工場設備向けは苦戦を強いられており、2012年は前年比約10%減少した。ソーラー発電をはじめとした新エネルギー関連で新たな市場が生まれてきている。小型で使いやすく、安全な製品開発に向けた取り組みは意欲的に行われており、今後は新興国市場の開拓に期待がかかる。海外市場では回路保護と機器保護を一体化したモーターブレーカの用途も多く、市場全体の底上げも進むことが見込まれている。


わが社の’13経営戦略 国内外で製・販を強化

2012年度の機器事業部の売り上げは、現在のところ基幹系事業が前年度比95%、FA事業が90%を切る状況で、合わせて約91%となっている。シーケンサ、ACサーボ、インバータなどのFA事業が、韓国・台湾での液晶投資の一段落などで伸び悩んだ。一方、ブレーカ、トランスなどの基幹系は、国内のメガソーラー、マンションなど高圧受電化、データセンタ向けなどが堅調だった。シーケンサ、ブレーカ、産業用換気扇などでシェアが上がった。 13年度は自動車関連とIT系の投資、FA以外の顧客獲得、新製品の売上貢献、海外強化などにより、12年度に比べて5~6%増加を目指したい。自動車の投資は日本及び海外メーカーを確実に押さ…


わが社の’12経営戦略 市場に合わせ製品投入 富士電機機器制御

今2012年3月期は、東日本大震災の発生に伴う供給不安などの要素も重なり、6月は単月で過去最高の売り上げを記録するなど好調に推移していたが、その後は欧州の金融不安、中国の金融引き締めなどの影響を受け始めており、地域により売り上げに差は出ているが、通期ではほぼ当初の計画を達成できると見ている。 タイの洪水発生に伴う受配電需要として高圧遮断器の需要が10月頃から伸びており、今後はさらにブレーカーやマグネットスイッチなどの需要が出てくることが予想される。 今期は海外市場の開拓に積極的に取り組んでいるが、とくに成長の見込めるアジア、アセアンに重点を置いている。中国は中国ローカルメーカーの数が多いことも…