わが社の’13経営戦略 国内外で製・販を強化

2012年度の機器事業部の売り上げは、現在のところ基幹系事業が前年度比95%、FA事業が90%を切る状況で、合わせて約91%となっている。シーケンサ、ACサーボ、インバータなどのFA事業が、韓国・台湾での液晶投資の一段落などで伸び悩んだ。一方、ブレーカ、トランスなどの基幹系は、国内のメガソーラー、マンションなど高圧受電化、データセンタ向けなどが堅調だった。シーケンサ、ブレーカ、産業用換気扇などでシェアが上がった。

13年度は自動車関連とIT系の投資、FA以外の顧客獲得、新製品の売上貢献、海外強化などにより、12年度に比べて5~6%増加を目指したい。自動車の投資は日本及び海外メーカーを確実に押さえていく。IT系の投資案件で液晶関連が動くのが見えてきた。省エネと新エネで、工場、ビル、公共施設などの新規と過去投資のリニューアルで需要が見込める。さらにFA以外では、シールドマシンなどの建設機械、就航している船の省エネ化や船のポンプ、港湾設備などの船舶関連も期待できる。12年度に新製品としてACサーボ、ロボット、マグネットスイッチ、ギヤードモータ、スマートメータなどを発売しており、この市場浸透を狙う。センサのパートナー化戦略にも取り組んでいる。13年度は省エネ関連の新製品を投入していく。

日本メーカーの海外生産シフトに合わせて、現地サポートを強化している。「日系顧客部」を、10年の中国に次いで、昨年7月にはタイ、12月にはインド、今年初めからインドネシアにも人員を配置、約20人を派遣し、日系ユーザーを訪問して、個々の課題、機器選定や保全の相談などタイムリーな情報を収集している。販売支援のインフラとして、FA技術相談を土日・祝日でも可能にし、Webの国別のグローバルサイトも今年3月に完了する。業界唯一の50を超えるメニューのe―ラーニングの実施などを行っている。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG