前期比2桁伸長にマト三菱電機の機器事業ASEAN市場開拓強化 国内はエネ関連に重点

2013年7月10日

三菱電機の機器事業部長に4月から福山製作所副所長の南公敏氏が就任した。シーケンサやサーボモータ、インバータ、表示器、配電制御機器などを所管する機器事業部は、業界トップシェアの製品も多く、同社の中核事業のひとつとなっている。 南機器事業部長は「国内のエネルギー関連市場への取り組みを強めるとともに、伸長が著しいASEAN市場の開拓に向けて機器事業部のアジア事業推進部で取り組むことで、機器事業を前期比10%以上伸ばしたい」と今後の方針を明らかにした。 4月から、FA海外事業部のうち、ASEAN地域を機器事業部が所管することで、日本からASEAN地域へ進出している日系企業のビフォアとアフターサービスを…