フォトロン の検索結果

フォトロン 偏光高速度デジタル干渉計 独自センサも搭載、小型で簡便性アップ

フォトロンは、高速撮影性能と独自の光学系とソフトウエアで構成される可搬型の『偏光高速度デジタル干渉計』を発売した。 同製品は、独自の偏光イメージセンサを搭載し、従来は最低3回ミラーを動かしながら得ていた物理的位相シフトを1ショット空間位相シフトに置き換えることに成功。これによりセンサの撮影速度をそのままに計測速度に適用でき、高速撮影を可能とした。従来の干渉計は静的な対象物が主な撮影対象だったが、同製品では干渉計測の対象を動的現象に広げることを可能にした。 光学系は研究向け性能向上を目的として構成をオープンとし、用途に合わせて光学系のカスタマイズが可能。また駆動部分をなくしたため、干渉計装置自体…


フォトロン 100万画素16000fps、小型軽量密閉ボディの高速度カメラ

フォトロン(東京都千代田区)は、高性能でコンパクトな高速度カメラ「FASTCAM Nova Sシリーズ」に、最上位モデルとなる「S16」を追加し、4月7日から発売した。 FASTCAM Nova S16は、100万画素(1024×1024画素)で1万6000コマ/秒、最高撮影速度は110万コマ/秒の高速撮影が可能。従来機種のS12と比較して、筐体サイズはそのままで撮影性能が約25%向上している。 サイズはW120.0×H120.0×D217.2mm、3.3kgと片手で持ち運べる小型軽量の密閉筐体で、最大30Gの耐衝撃性能を備えている。 同社の高速CMOSセンサーを新たに改良し、これまでは撮影が…


フォトロン、100万画素で1万6000fps、ハイエンド・コンパクト高速度カメラ『FASTCAM Nova S16』新発売

フォトロン(東京都千代田区)は、100万画素解像度(1024×1024画素)で16,000コマ/秒、最高撮影速度110万コマ/秒の高速撮影が可能な小型軽量の高速度カメラ『FASTCAM Nova S16』を4月7日に発売する。   製品化の背景 民間企業の研究開発部門や大学・官公庁の最先端の研究開発テーマにおいて、高速度カメラに要求される撮影速度と解像度の性能は年々向上している。 同社では、このようなニーズに応えるべく、高い撮影性能でコンパクトな筐体を実現した高速度カメラ「FASTCAM Nova Sシリーズ」に、最上位モデルとなるS16を開発。従来機種のS12と比較して筐…


フォトロン 3DCAD新バージョン、データ断絶を解消

フォトロン(東京都千代田区)は、3DCADソフトウエア「図脳CAD3D」の最新バージョン「図脳CAD3D V2」を2月7日に発売した。 国内のものづくり現場では「設計は3DCADで、製造現場は紙の平面図を使用」というのが主流であったり、取引先や部門ごとで異なる3DCADソフトウエアを使用しているなど、工程間で3DCADデータの断絶が起きていた。図脳CAD3Dは、こういった状況を解消するため、2017年に誕生。 今回発売の最新バージョンは、要望が多かった「意匠設計機能の向上」に応え、サーフェスモデリング機能を大幅に強化。手書きスケッチの輪郭をトレースしながら3DCADデータを作成できる下絵画像の…


フォトロン 異常瞬間をスローで撮影、ハイスピード監視システム

フォトロン(東京都千代田区)は、ハイスピードカメラにコンピュータビジョンを搭載し、異常が発生する瞬間の前後をスーパースロー撮影できるハイスピード監視システム「PhotoCam Detector」をこのほど発売した。 新製品は、製造プロセスや性能評価試験などで生じる「異常発生の瞬間」や「破壊の瞬間」等を自動で撮影する監視システム。最高2000コマ/秒の高速撮影で、イベント発生の瞬間の前後をスーパースローで撮影することができる。 イメージセンサーが取得する明るさ情報を用いた映像からの検出や、電圧や電流、音などのセンサデータを収集するデータレコーダ、各種設備やPLCなどの制御機器からのイベント検知な…


フォトロン「2次元CADソフトウエア」最新版、タブレットと連携OK

現場での紙図面は不要 フォトロン(東京都千代田区)は、2次元CADソフトウエア「図脳RAPID」シリーズの最新版、企業向けの「図脳RAPIDPRO20」と、個人利用向けの「図脳RAPID20」を11月27日から発売する。 同シリーズは、さまざまな業種の上流工程から下流工程まで幅広く利用されている国産CAD。 図脳RAPIDPRO20は、「図脳RAPID for iPad」(2020年春公開予定)との連携機能を搭載しており、iPadに図面を取り込んで持ち出すことができ、iPad上で朱書きの記入や計測が可能。工場内やインフラ設備の現地調査などで、紙の図面の携行が不要になる。iPadで図面を表示して…


フォトロン 手のひらサイズの高速度カメラ発売

高解像度、耐衝撃 フォトロン(東京都千代田区)は、手のひらサイズの筐体に、多数の機能を搭載した万能型の高速度カメラ「FASTCAM Mini CX100」を発売した。 新製品は、268万画素で750コマ/秒、最高1万コマ/秒の撮影性能をもつ新高速イメージセンサを搭載したハイスピードカメラ。自動車衝突安全試験の利用に適しており、近年の安全基準強化に伴い、多様な機能を搭載している。 軽量なコンパクトサイズで、耐衝撃性能は150G。設置に便利なカメラ固定用プレートと着脱可能なハンドルが標準装備されている。 1920×1080ピクセルで、1000コマ/秒の撮影が可能となり、暗部でも鮮明な撮影ができる。…


フォトロン社長に瀧永隆氏就任

フォトロン(東京都千代田区)は、4月1日付で布施信夫代表取締役社長執行役員が取締役会長に就任し、後任の代表取締役社長執行役員に瀧永隆取締役常務執行役員が昇格した。 布施氏は、4月1日付で親会社のIMAGICA GROUPの代表取締役社長執行役員に就任した。


フォトロン、FULL HD解像度で1000コマ/秒! Wi-Fi機能付き手のひらサイズの高速度カメラ発売

フォトロン(東京都千代田区)は、268万画素(1920×1400画素)で750コマ/秒、最高10,000コマ/秒の撮影性能を持ち、手のひらサイズの筐体の中に多数の機能を搭載した万能型の高速度カメラ(ハイスピードカメラ)「FASTCAM Mini CX100」を発売いたします。 製品名:FASTCAM Mini CX100 発売日:2019年4月3日   製品化の背景 自動車衝突安全試験では多くの高速度カメラが使用されています。しかし、近年の安全基準強化に伴い、試験内容は多岐にわたり、高速度カメラにも多様な機能が求められるようになってきました。当社では、このようなニーズに応えるべく、手…


フォトロン、最大6ヘッド同時接続可能、自動車衝突安全試験用高速度カメラ発売

フォトロン(東京都千代田区)は、268万画素(1920×1400画素)で750コマ/秒、最高1万コマ/秒の撮影性能を持つ超小型カメラヘッドを最大6ヘッド同時接続可能な高速度カメラ(ハイスピードカメラ)「FASTCAM MH6」を、3月5日に発売した。 製品化の背景 自動車の衝突安全試験において、乗員保護や歩行者保護などの安全基準が強化される中、カーテンエアバッグやセンターエアバッグの研究開発が重要視されている。 衝突安全試験では、カーテンエアバッグの展開時に車室内からダミー人形の挙動を鮮明に撮影する必要があるが、高解像度のカメラは筐体が大きいため設置が困難であり、小型のカメラは解像度が低くて鮮…