ピーアンドエフ の検索結果

【各社トップが語る2020】ピーアンドエフ「IoT関連などで製品投入」太田階子 代表取締役

ピーアンドエフ 太田階子 代表取締役   世界経済の低迷が続く中でも、新年を期待感持って迎えることができるのは、IoTやAI、ロボット、自動運転などの関連技術分野に、当社が大きく貢献できる新製品の品揃えを着々と準備しているからだ。 2019年は、PEPPERL+FUCHSグループとしては、7億ユーロを超える売り上げを達成し、10年連続の売上増を実現できた。19年の独・ハノーバーメッセやSPS等の展示会で、新製品を続々発表し、日本市場への投入も順次始めている。 昨秋より営業・技術部門の社員採用を進め、製品レンジ拡大に伴う取り組みを強化している。20年春には、FA部門のデモルームやラボを…


ピーアンドエフ 3-D LiDARセンサ「R2300」

ロボットに最適なセンサ群 PEPPERL+FUCHS(ピーアンドエフ)は国際ロボット展で、さまざまなロボットアプリケーションに応じたセンシングソリューションを紹介する。小間№W3-16。 新製品の3-D LiDARセンサ「R2300」は、移動体ロボットの障害物検知やエリアマッピングに最適。 4つのスキャンレイヤーと正確な光スポットにより、配達ロボット等で配送員を追跡するフォローミー機能や、信頼できる衝突回避を実現できる。 360度方位検出が可能な2DのLiDARセンサ「R2000シリーズ」同様、PRT技術により、高精度で速い応答速度が特徴で、正確な距離測定やごく小さな物体でも輪郭を確実に検出す…


ピーアンドエフ サージプロテクタ「M-LB-5000シリーズ」

薄型モジュールで簡単着脱 ピーアンドエフは、プロセス産業の計装信号に対応したサージプロテクタ「M-LB-5000シリーズ」(薄型6.2ミリ)を販売している。 「M-LB-5000シリーズ」は、DINレールに直接取り付けられるサージプロテクタ。プラグインモジュール式のため着脱が容易で、配線作業を行うことなくモジュールの交換が行え、モジュール交換時もソケットが計装信号ループの導通状態を保つことができるため、信号線の遮断を回避できる。 さらに、本質安全防爆仕様の各種モデルは、爆発性雰囲気が存在し得る防爆エリアの本安アプリケーションへも適用可能になっている。 また、サージプロテクタのモジュールには診断…


ピーアンドエフ 豊富なIO-Link製品群

スマホ介した通信も可能 PEPPERL+FUCHS(ピーアンドエフ)は、次々とIO-Link製品の新シリーズをリリースしている。産業オープンネット展では、IO-Linkマスタ内蔵のEthernetモジュールや、特色のある各種センサを展示する。小型光電センサ、レーザセンサに加え、超小型超音波センサも出品。超音波センサは検出距離250ミリメートルのミニチュアモデルから6メートル検出の円柱モデルまで豊富な製品レンジとなっている。 また今年リリースされたオールメタル検出の近接センサは、鉄、アルミ、真鍮等を金属の種類を問わず等しく検出が可能で、溶接等のスパッタ対策品もある。 さらに、スマートフォンやタブ…


ピーアンドエフ 近接センサ、新シリーズ4種リリース

ピーアンドエフ(横浜市緑区)は、セーフティ近接センサの新シリーズ4種類を発表した。 新製品は、円柱型、角型のテーブル引き出しやコネクタタイプの接続方法などがある計4シリーズで、EU機械指令(EN13849)のパフォーマンスレベルPLd、カテゴリ2、安全度水準SIL2に準拠したTUV認証済み製品。機械や設備のセーフティ化と、確実な位置検出を可能にしている。動作温度範囲が拡大し、EMC耐性も向上してE1認証を得ているため、安全性が必須となる車両や工場内での移動体にも使用が可能。 また、検出ターゲットに専用コードを貼る必要がなく、金属の可動部をそのまま検出ターゲットとして利用ができる。センサに不感地…


ピーアンドエフ、誘導式セーフティ近接センサの新シリーズ発表

誘導式近接センサを開発してきたPepperl+Fuchs(ピーアンドエフ)から、セーフティ近接センサの新シリーズがリリースされました。円柱型、角型でケーブル引き出しやコネクタタイプの接続方法等で、4シリーズがあります。 同センサは、EU機械指令(EN 13849)のパフォーマンスレベルPLd、カテゴリ2、安全度水準SIL 2に準拠したTÜV認証を受けています。機械や工場設備のセーフティ化はもとより、その安全保護のもとで、確実な位置検出が可能です。 新しい誘導式近接センサは、動作温度範囲が拡大したほか、EMC耐性も向上してE1認証を得ているため安全性が必須な車両や工場内でのその他の移動体にも使用…


ピーアンドエフ IO-Link対応「オールメタル検出近接センサ」

異なる種類の金属も検出 光電センサ、超音波センサ、レーザセンサ等でIO-Link対応モデルを拡充しているピーアンドエフはこのほど、新たなIO-Linkセンサシリーズとして、オールメタル検出の近接センサをリリースした。 通常の近接センサは、金属の種類により減衰率が異なるため、検出対象が別の金属になる場合に煩わしい調整または機種変更が必要であったが、オールメタル対応では、鉄、アルミ、ステンレス、真鍮、銅等、異なる種類の金属でも、すべて減衰率を1として、同じスイッチングポイントで等しく検出することが可能となる。機種も豊富で、円柱型、角型等があり、検出距離も4・8・15・20・40ミリと豊富な種類を用…


【各社トップが語る2019】ピーアンドエフ、30周年の先のステージへ

代表取締役 太田 階子 2019年は、独・PEPPERL+FUCHS社の日本法人を設立して30周年を迎える。ここ数年のドイツ本社のM&A戦略により、製品レンジが次々と拡充されてきたが、防爆モバイル機器が牽引役となり、グループの売り上げは、昨年10月時点で過去最高業績を達成。売上高6億7500万ユーロ(約898億円)のとなり、従業員数も6200人に増加。 日本法人も30周年の節目に拡充された特色ある製品を国内市場に投入し、更なる飛躍の年としたい。 防爆分野では、17年に独・ecom社の製品が加わり、プラントのIoT導入増進に向けた防爆仕様のタブレットやスマートフォンが、海外市場で大きく伸長。日本…


ピーアンドエフ 本質安全防爆絶縁バリア「KCシリーズ」

薄型12.5ミリで省スペース Pepperl+Fuchs(ピーアンドエフ)のKシステム絶縁バリアは、本質安全防爆構造(本安)で用いられる安全保持器として、国内外で多くの実績を積んできた。標準サイズ20ミリ幅のKFシリーズに加えて、近年は12.5ミリ幅の薄型KCシリーズの拡充が進められており、すでにほとんどの信号タイプに対応した薄型モデルがリリースされている。 KCシリーズもKFシリーズと同様に、DINレールにバリアモジュールを直接マウントする。Kシステム共通のパワーレール(DINレール埋込電極)を利用すれば、補助電源の配線簡略化も可能である。 さらに、パワーレール上に配置されたバリアの診断情報…


ピーアンドエフ 計装信号用避雷器(サージプロテクタ)「M-LB-5000シリーズ」

モジュール式で交換も容易 防爆ソリューションのリーディングカンパニーであるピーアンドエフは、計測展で新製品の寿命を予測してメンテナンスの効率を向上可能な計装信号用避雷器(サージプロテクタ)「M-LB-5000シリーズ」を紹介。小間番号は3-52。 M-LB-5000シリーズは、DINレールに直接取付けられ、モジュール式のため着脱が容易で、モジュール交換時もソケットが計装信号ループの導通状態を保つことができ、信号線の遮断を回避できる。また、本質安全防爆仕様の各種モデルも完備。 さらに、業界初のユニバーサルバリア(AI、AO、DI、DO自動認識)とフィールドバス物理層診断ソリューションのライブパネ…