ピーアンドエフ の検索結果

【各社トップが語る2019】ピーアンドエフ、30周年の先のステージへ

代表取締役 太田 階子 2019年は、独・PEPPERL+FUCHS社の日本法人を設立して30周年を迎える。ここ数年のドイツ本社のM&A戦略により、製品レンジが次々と拡充されてきたが、防爆モバイル機器が牽引役となり、グループの売り上げは、昨年10月時点で過去最高業績を達成。売上高6億7500万ユーロ(約898億円)のとなり、従業員数も6200人に増加。 日本法人も30周年の節目に拡充された特色ある製品を国内市場に投入し、更なる飛躍の年としたい。 防爆分野では、17年に独・ecom社の製品が加わり、プラントのIoT導入増進に向けた防爆仕様のタブレットやスマートフォンが、海外市場で大きく伸長。日本…


ピーアンドエフ 本質安全防爆絶縁バリア「KCシリーズ」

薄型12.5ミリで省スペース Pepperl+Fuchs(ピーアンドエフ)のKシステム絶縁バリアは、本質安全防爆構造(本安)で用いられる安全保持器として、国内外で多くの実績を積んできた。標準サイズ20ミリ幅のKFシリーズに加えて、近年は12.5ミリ幅の薄型KCシリーズの拡充が進められており、すでにほとんどの信号タイプに対応した薄型モデルがリリースされている。 KCシリーズもKFシリーズと同様に、DINレールにバリアモジュールを直接マウントする。Kシステム共通のパワーレール(DINレール埋込電極)を利用すれば、補助電源の配線簡略化も可能である。 さらに、パワーレール上に配置されたバリアの診断情報…


ピーアンドエフ 計装信号用避雷器(サージプロテクタ)「M-LB-5000シリーズ」

モジュール式で交換も容易 防爆ソリューションのリーディングカンパニーであるピーアンドエフは、計測展で新製品の寿命を予測してメンテナンスの効率を向上可能な計装信号用避雷器(サージプロテクタ)「M-LB-5000シリーズ」を紹介。小間番号は3-52。 M-LB-5000シリーズは、DINレールに直接取付けられ、モジュール式のため着脱が容易で、モジュール交換時もソケットが計装信号ループの導通状態を保つことができ、信号線の遮断を回避できる。また、本質安全防爆仕様の各種モデルも完備。 さらに、業界初のユニバーサルバリア(AI、AO、DI、DO自動認識)とフィールドバス物理層診断ソリューションのライブパネ…


ピーアンドエフ パターン認識レーザーセンサ「SmartRunner」高精度モニタリングを実現

ドイツのセンサメーカー、PEPPERL+FUCHSの日本法人ピーアンドエフは、光切断法と2Dビジョンセンサのユニークな組み合わせにより、複雑なワークの形状認識を可能にするパターン認識レーザーセンサ「SmartRunner(スマートランナー)」をリリースした。 「マッチャー(照合)」タイプと「ディテクター(検出)」タイプの2種類があり、ワーク表面の材質や色の影響を受けずに高精度な測定、検出が可能である。基準となるワークの輪郭をティーチングし、そのプロファイルを基に他のワークと照合を行う「マッチャー」タイプは、対象物の良、不良の検出、または次工程に進める際の正確な位置や形状を照合し、次工程の確実な…


ピーアンドエフ レーザスキャナ「R2000/R2100」追跡・自動運転などに対応

ドイツのセンサメーカー、ピーアンドエフは国際物流総合展で、AGVや自動倉庫、コンベア、クレーン等、物流現場のさまざまな機械装置に最適なセンサソリューションを紹介する。小間番号は2-806。 主な展示品は、IO-Linkセンサ群、RFIDや2次元コードを読み取ることで高精度な位置検出を可能にするAGV用ビジョンセンサ、超小型タイプ、長距離検出の超音波センサ等、ユニークな製品群を紹介。 また、ヨーロッパの幾つかの都市で走行実証されているフランスのEffidence社の360度スキャンできる追跡型配送ロボット、EffiBOTに搭載されたレーザスキャナ「R2000/R2100」も展示する。追跡、自動運…


ピーアンドエフ 薄型モジュールで簡単着脱、サージプロテクタ 「M-LB-5000シリーズ」

ピーアンドエフは、プロセス産業の計装信号に対応したサージプロテクタ「M-LB-5000シリーズ」(薄型6.2ミリ)をリリースした。 「M-LB-5000シリーズ」は、DINレールに直接取り付けられるサージプロテクタで、モジュールの着脱が可能なため、配線作業を行うことなくモジュールの交換を行え、モジュール交換時もソケットが計装信号ループの導通状態を保つことができるので、信号線の遮断を回避できる。 さらに、本質安全防爆仕様の各種モデルは、爆発性雰囲気が存在し得る防爆エリアの本安アプリケーションへも適用可能になっている。 また、サージプロテクタのモジュールには診断機能を有しており、モジュール本来の機…


ピーアンドエフ、近距離測定信頼性が向上、IO-Link対応 超音波距離センサ

IO-Link対応 超音波距離センサ「UC-F77シリーズ」 PEPPERL+FUCHS社のIO-Link製品群に、ミニサイズの超音波距離センサ「UC-F77シリーズ」が加わり、IO-Linkシリーズが拡充された。 新製品は、コンパクトなデザインにもかかわらず、従来の超音波センサよりも多くの機能と高い性能を携え、非常に幅広いアプリケーションに対応する。 ラインアップには、検出距離250ミリ/400ミリ/800ミリの3タイプが完備。それぞれ同等品と比較して近距離測定性能を向上させた。また、複数同時使用での音波のクロストーク対策に、自動同期機能を提供する。 インターフェースはIO-Link通信に対…


ピーアンドエフ ポジションエンコーディングシステム「WCS3Bシリーズ」IP69のアウトドア仕様

ピーアンドエフは、コードレールを使用して光学式ヘッドにより非接触で絶対位置を読み取るポジションエンコーディングシステム「WCS3Bシリーズ」に、過酷な野外使用にも耐えるアウトドアバージョンを新たにリリースした。 IP67/IP69の保護等級で使用温度範囲は、マイナス40℃~60℃に対応。RS485インターフェースで、EtherNet/IP、PROFINET、EtherCAT、CanOpenなどのインターフェースモジュールも近々リリース予定。 コードレールは、ステンレスタイプとラミネートタイプの2種類があり、1本で最長314メートル。短く切ってIDタグとしても使用可能。また延長用のコードテープで…


【各社トップが語る2018】ピーアンドエフ「IO-Link、防爆に注力」

代表取締役 太田階子 2017年は、P+Fグループ全体としては16年後半より継続的に上り調子で、全世界売上高6億3000万ユーロ、前年比13.5%増となった。日本の売り上げは同16%増で、4年連続で過去最高業績を更新できた。とくにFA部門が27%増と好調で大幅に伸長。防爆製品も年後半に追い上げ約6%増となった。 FA部門は、マテハン業界の物流システム機器や印刷・包装機械等へのOEM製品を主軸としてきたが、インダストリー4.0の勢いを背景に、ドイツ本社が次々とIoT推進を担うIO-Linkセンサ/マスタ、RFID等の新製品を投入している。 2次元コードテープを使用したAGV用のビジョンセンサ「P…


ピーアンドエフ「ビジョンセンサ」高精度な位置決め実現 読み取り視野、性能アップ

ピーアンドエフ(横浜市緑区)は、カメラのパフォーマンスを高め、より信頼性と操作性を向上させた2次元コードを使用した位置決めシステムの新製品として、ビジョンセンサ「PXV」に、セーフティの要素を加えた「SafePXVシリーズ」を発売した。 新製品は、SIL 3/PL eの安全性に準拠し、より精度の高い正確な位置決めを実現。2次元コードリーダーの専用コードテープに赤色と青色の2つのデータマトリックスを重ね合わせ、2Dリーダーに同じく赤と青の2色のLEDリングを組み込み、これらのリングを独立で作動させ、それぞれのデータマトリックスを個別に読み取ることで、単一センサでの安全な処理を可能にしている。 ま…