【FA製造業界2022トップインタビュー】PA向けイーサネット紹介 ピーアンドエフ 太田 階子 代表取締役社長

VUCA時代と言われる予測不可能な時代に突入し、次々と起こる想定外の出来事に対し、迅速、的確、そして柔軟な対応が今まで以上に企業に求められている。PEPPERL+FUCHSグループは、そんな中で迎える2022年を「Mastering the Change-変化を克服する!」をキーワードに、FAとPAの担い手として、革新的なテクノロジーと共に、DX、SDGs等、さまざまな課題に取り組んでいく。

昨年は、P+Fグループとして、前年比15%アップの7億7千万ユーロの売り上げを達成し、コロナ前の19年と比べても3割以上の売り上げ増となった。日本法人も、防爆スマートフォン等の新事業を堅調に伸ばすことができた。昨年、本社の新オフィスを横浜駅に近い所に移転し、大阪オフィスも増員を図る等、大きな節目の年となった。

昨年9月、特筆すべき新防爆技術であるIECの新しい規格、2-WISE(2線式本質安全防爆イーサネット)をベースとした「Ethernet-APL」のレールフィールドスイッチをリリースした。Ethernet-APLは、DXを推進に大きな貢献を期待できる技術である。従来、プロセス産業では、4-20mAのアナログ通信やFFやProfibus PAといったデジタル通信が利用されてきたが、企業活動のデファクトスタンダードともいえるEthernetについては、防爆対応や長距離通信がネックとなり、物理層のフィールドレベルには導入できなかった。

この課題にPA業界の主要サプライヤが取り組み、1㎞の長距離、10Mbit/Sの高速通信と電源供給の両方を2線式ケーブルで可能にし、防爆にも対応する革新的なソリューションを生み出した。今年は、Ethernet-APLデバイスが、次々リリースされてくることが予想され、当社も今後、各業界団体とも協力しながらこの新技術について積極的に紹介していきたい。

https://www.pepperl-fuchs.com/japan/ja/index.htm


【完全版】オートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼント

三菱電機やアズビル、安川電機など主要FAメーカートップ59社の2022年の見通しや、FA製造業界の主要業界団体の2022年年頭所感、2022年の機械・電機業界の見通しなどを掲載したオートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼントしています。

ご希望の方は、下の「無料お試しPDF申込み」からお申し込みください

オートメーション新聞では、新聞本紙+PDF提供による年間購読(1万9500円)を受け付けています。また無料で一部ページのみご覧いただけるお試しPDF版サービスも提供しています。この機会にぜひお申し込み下さい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG