ピーアンドエフ 豊富なIO-Link製品群

スマホ介した通信も可能

PEPPERL+FUCHS(ピーアンドエフ)は、次々とIO-Link製品の新シリーズをリリースしている。産業オープンネット展では、IO-Linkマスタ内蔵のEthernetモジュールや、特色のある各種センサを展示する。小型光電センサ、レーザセンサに加え、超小型超音波センサも出品。超音波センサは検出距離250ミリメートルのミニチュアモデルから6メートル検出の円柱モデルまで豊富な製品レンジとなっている。

また今年リリースされたオールメタル検出の近接センサは、鉄、アルミ、真鍮等を金属の種類を問わず等しく検出が可能で、溶接等のスパッタ対策品もある。

さらに、スマートフォンやタブレットでIO-Linkセンサの設定パラメータやセンシングデータの情報をBluetoothを介して確認や設定を可能にするアダプタ「SmartRunner」も出品する。

その他、プロセスオートメーション産業向けに、HARTマルチプレクサや防爆製品等も展示紹介する。

尚、東京(A会議室)、大阪(1007会議室)両会場で13時45分から「IoTアプリケーションに利用される最新センサ技術」をテーマにセミナーも開催する。

https://www.pepperl-fuchs.com/japan/ja

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG