【各社トップが語る2021】ピーアンドエフ「センサと防爆でDX推進」太田階子 代表取締役社長

ピーアンドエフ 太田階子 代表取締役社長

 

未だかつて無い大きな試練に世界中が直面した2020年であったが、コロナ禍は新年を迎えても収束の気配を見せていない。当社もビジネスへの影響を最小限に抑えるべく、サプライチェーンを注意深く監視し、部材や配送ルート、人材の確保に努めながら、生産から顧客への配送まで、ドイツ本社をはじめ、海外全拠点で万全の体制で臨んでいる。

テレワークでのコミュニケーション、顧客への営業訪問も制限される中で、20年は予想していたよりコロナの影響を受けない業績を達成できた。1年間で10人の社員を増員し、体制強化に努めたこともあり、防爆機器、工業用センサの主力事業は共に前年を上回り、10%を超える売上増となった。また、新製品の市場投入も、ファクトリーオートメーション部門では、大阪に新たな拠点を設置し、ショールームとラボが21年前半には完成予定で、顧客毎のニーズに応じた的確なソリューションを提供する体制を整えている。 

昨年リリースした4レイヤのレーザスキャナR2300も、機能面の独自性と共に価格競争力を持つ主力製品として、顧客要件に応えたインターフェースを開発提案しており、十分手応えを感じている。OPC-UA対応のIO-Linkマスタも今後の主力製品となりそうだ。
 
また、プロセスオートメーションの防爆機器は、特に好調が続いている。主力の本質安全防爆バリアに加え、プラント内のDX推進、スマート保安に貢献する防爆タブレットや防爆スマートフォンが国内の防爆認証や電波法認証を完了し、多くの問い合わせをいただいており、21年の主力製品として拡販注力していく。さらに、ウエアラブルデバイスも検定取得準備を進めて、DX時代に貢献する各種製品を投入し、顧客のニーズに応えていきたい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG