ピーアンドエフ、誘導式セーフティ近接センサの新シリーズ発表

2019年4月9日

誘導式近接センサを開発してきたPepperl+Fuchs(ピーアンドエフ)から、セーフティ近接センサの新シリーズがリリースされました。円柱型、角型でケーブル引き出しやコネクタタイプの接続方法等で、4シリーズがあります。

誘導式セーフティ近接センサ「Varikont L2シリーズ」

同センサは、EU機械指令(EN 13849)のパフォーマンスレベルPLd、カテゴリ2、安全度水準SIL 2に準拠したTÜV認証を受けています。機械や工場設備のセーフティ化はもとより、その安全保護のもとで、確実な位置検出が可能です。

新しい誘導式近接センサは、動作温度範囲が拡大したほか、EMC耐性も向上してE1認証を得ているため安全性が必須な車両や工場内でのその他の移動体にも使用できるという、非常に優れた新製品となっています。

 

これらのセーフティセンサは、検出ターゲットに専用コードを貼付する必要がなく、金属の可動部をそのまま検出ターゲットとして使えます。またPepperl+Fuchsのセンサには不感知帯がありませんので、特別な調整を行うことなく簡単に取り付け可能です。

センサには、標準化した出力信号開閉装置(Output Signal Switching Device:OSSD)が搭載されており、安全モジュールや制御パネルに接続して信号や診断情報を送信できます。
Pepperl+Fuchsの誘導式セーフティ近接センサには、極めて特性に優れた出力値を実現する電子機器を採用しています。そのため、定期的な機能検査が格段に少なくて済み、安全回路への組込みも非常に簡単です。

参考:ピーアンドエフ