オープンソース の検索結果

Moxa OpenChainプロジェクトに参加、オープンソース・コンプライアンスの業界標準確立へ

Moxaは、Linux FoundationのOpenChainプロジェクトに、プラチナメンバーとして参加した。 同プロジェクトは、サプライチェーン間でオープンソースのライセンス・コンプライアンスをよりシンプルで一貫性のあるものにし、オープンソースへの信頼を高めることを目的として活動しているプロジェクト。OpenChain仕様では、ソリューションを市場に投入する効率を最大化するために、コンプライアンス・プロセス、ポリシー、トレーニングを行うビジネスワークフローのインフレクションポイントを定義している。 Moxaのストラテジック・ビジネス・ユニット担当プレジデントのAndy Cheng氏は「Mo…


【寄稿】Black Duck Software「オープンソースソフトウェアに対する世界規模の飽くなき欲求」後編

プロジェクトの積極的な参加者になる オープンソースのリスクを大幅に減らす方法の1つは、重要なプロジェクトの積極的な参加者になることです。調査では、66%の組織が「オープンソースプロジェクトを積極的にサポートしている」と答えています。その一方で、何らかのオープンソースプロジェクトにフルタイムの開発リソースを提供している組織は24%しかありませんでした。 回答した企業の多くが「従業員のプロジェクトへの積極的な参加を奨励している」と答えていました。そのこと自体は喜ばしいことですが、バグ修正や機能向上への貢献を具体的に奨励している組織が53%だったのは驚きではありませんでした。 多くのオープンソースプ…


【寄稿】Black Duck Software「オープンソースソフトウェアに対する世界規模の飽くなき欲求」前編

Black Duck Software(Black Duck)は、コミュニティや関連組織団体と連携して、「責任あるオープンソースとはどういうものであるのか」を理解しようとしています。そのプロセスの一環として、私たちはオープンソースコミュニティとの関係のあり方を考えています。なぜなら、開発コミュニティの現在を理解するためにも、より良いコードの構築方法を伝えるためにも、オープンソースコミュニティが重要な役割を果たしているからです。 Black Duckのオープンソースリサーチ&イノベーションセンター(COSRI)は今年、「オープンソースセキュリティ&リスク分析レポート」(OSSRA)をリリースしま…


GII市場リポート プロセス自動化・計測市場、25年 768億ドル規模に

生産効率向上、IIoT導入が後押し グローバルインフォメーションが取り扱う MarketsandMarketsの市場レポート「プロセス自動化・計測の世界市場(〜2025年):APC・DCS・HMI・MES・PLC・機能安全・SCADA」によると、世界のプロセス自動化・計測の市場は2・6%の年間平均成長率で推移し、2020年の674億ドルから、2025年には768億ドルの規模に成長すると予測されている。運用コスト削減と生産効率向上への重要性の拡大、IIoTなどのデジタル技術の導入、リソースの最適利用などの要因が同市場の成長を推進する。 ソリューション別では、分散型制御システム(DCS)がエネルギ…


VDOO 日本法人を開設、セキュリティ促進CCCDと提携

IoTデバイスのセキュリティプラットフォームを提供するVDOO Connected Trust(イスラエル)は、日本法人となるヒトゥシャハン(東京都港区、伊藤俊明代表)を設立した。また同時に、重要生活機器連携セキュリティ協議会(CCDS)と、日本の消費者向けのデバイスのセキュリティ促進で提携した。 同社はイスラエル・テルアビブに本社を構え、デバイスメーカー向けにセキュリティソリューション「VDOOのデバイスセキュリティプラットフォーム」を提供している。同プラットフォームは、製品の設計・開発・テストの各工程でデバイスのセキュリティ自動診断を行うSaaS「Vision」と、製品に組み込まれ、攻撃を…


新和工業 サーモグラフィカメラ、簡単操作で導入容易

新和工業(神戸市中央区)は、簡単な操作で導入が容易にできるサーモグラフィカメラシステム「SWS-5000J」を発売した。納入開始は2020年8月から。標準価格は78万円。 新製品は、サーモグラフィカメラと専用コントローラを接続するだけですぐに使用を開始できる。操作も専用のコントローラとキーボードを使って使用用途指示通りに行うだけと簡単。   異常温度検知時には、アラート/マーキング/温度を表示して外部インターフェイスに出力でき、3つの画面モード(サーモ/モノクロ/アニメーション)に切り替えできる。また、カメラ検知温度と実体温との補正が容易に行えるほか、検出エリア設定機能で誤検知を防止できる。さ…


ヤマハとティアフォー 合弁会社を設立、工場内物流の自動搬送支援

ヤマハ発動機と、自動運転ベンチャーのティアフォー(東京都文京区)は、自動搬送ソリューション事業を行う合弁会社「eve autonomy(イヴオートノミー)」(静岡県袋井市)を設立し、4月から稼働を開始した。 新会社は、ティアフォーが開発を主導するオープンソースの自動運転OS「Autoware」の技術と、ヤマハ発動機のランドカーをはじめとした車体開発技術を掛け合わせて、誰にでも扱いやすい自動搬送ソリューションの開発を行っていく。工場内物流の需要変動に対応できるよう、初期費用を抑えることができるサブスクリプション型のサービス開発・アフターサポートの提供を目指すとしている。 両社は、ヤマハ発動機浜北…


2019年(令和元年)版 情報通信白書、Society5.0の実現に向けて

ICT社会の進化と、デジタル変革がもたらすもの デジタル変革の時代を迎え、これから製造業に求められる道はITとOTの融合がポイントを握ると言われる。総務省が毎年まとめている「情報通信白書」の2019年版から、日本の情報通信産業の現在地について紹介する。 なお同白書は下記より閲覧またはダウンロードできる。 http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/r01/pdf/index.html   ■第1章 日本のICTとデジタル経済のこれまで 第1章ではICTとデジタル経済のこれまでの進化の歴史を解説。日本はどのようにICTを導入…


垂直統合が生きる分野

ここ数年、オープンイノベーションや企業同士のコラボレーションが賑わい、「共創」がトレンドとなっている。 自らのできない部分、苦手な部分を、それを得意とし、専門にやっている企業と一緒にやることで、より早く、スピーディーにアウトプットを出していこうというもので、それ自体はとても素晴らしく、有効だと思うが、ここでは敢えて逆張りの「自ら何でもやる」ことを礼賛してみる。   先日、ある製品についてメーカーで話を聞き、そのこだわりに感心した。ハードウエアはもちろんのこと、OSやアプリケーションといったソフトウエア領域まで自社開発。もちろんOSS(オープンソースソフトウエア)を使い、まったくのイチ…


「ET/IoT Technology 2019 アワード」各賞決定、グランプリはスタートアップのIdeinが受賞

  組込みシステム技術協会(JASA)は、 11 月 20 日(水)から 3 日間、パシフィコ横浜で開催する組込み・ IoT 技術の総合展「Embedded Technology 2019 / IoT Technology 2019」の出展社を対象とした「ET/IoT Technology 2019 アワード」の受賞社を発表した。 同アワードは、組込み業界の発展と国内産業の競争力向上に寄与する、優れた組込み技術や製品、ソリューション、サービスに対し表彰を行うもので、出展者より応募された 50 件 から、アワード審査会の厳選なる審査によって各賞が選定された。 なかでも突出したアイデア・…