ヤマハとティアフォー 合弁会社を設立、工場内物流の自動搬送支援

2020年4月8日

ヤマハ発動機と、自動運転ベンチャーのティアフォー(東京都文京区)は、自動搬送ソリューション事業を行う合弁会社「eve autonomy(イヴオートノミー)」(静岡県袋井市)を設立し、4月から稼働を開始した。

新会社は、ティアフォーが開発を主導するオープンソースの自動運転OS「Autoware」の技術と、ヤマハ発動機のランドカーをはじめとした車体開発技術を掛け合わせて、誰にでも扱いやすい自動搬送ソリューションの開発を行っていく。工場内物流の需要変動に対応できるよう、初期費用を抑えることができるサブスクリプション型のサービス開発・アフターサポートの提供を目指すとしている。

両社は、ヤマハ発動機浜北工場(静岡県浜松市)で自動搬送ソリューションのパイロット製品の共同開発に取り組んでおり、IoT技術を駆使したスマートファクトリー化を目指し、3月から工場内物流ラインで実運用を開始している。今後は新会社が同事業を継承し、ヤマハ発動機の国内外の製造工場を手始めに、自動搬送ソリューションの導入を進めていく。