ヤマハとティアフォー、イヴオートノミー、工場内の自動搬送サービス 自動運転EVを新開発

ヤマハ発動機とティアフォー、eve autonomy(イヴオートノミー)は、新型自動運転EVを開発し、2022年夏から工場など閉鎖空間での搬送自動化に対応した自動搬送サービス「eve auto」を提供開始する。

イヴオートノミーは、2022年にヤマハ発動機とティアフォーによる合弁会社で、同社がeve autoのサービスを提供する。サービスはサブスクリプション型で提供し、初期費用と導入工事期間を抑えている。運行管理システムやアフターサポートもワンストップで提供する。

車両は、量産を見据えた小型EVとして新規開発。ティアフォーが開発を主導するオープンソースの自動運転OS 「Autoware」と、ヤマハ発動機の車体開発技術を掛け合わせて共同開発した。一定の段差・傾斜にも対応できる走破性と、天候や周辺物などの変化に対するロバスト性を有し、1500kgまでの牽引能力、300kgまでの積載能力を併せ持つ。

生産ラインの変化が大きい製造現場・工場や、広い敷地内での搬送ニーズがあるプラント、建物間の坂路を含めた搬送自動化が求められる物流拠点などをメインターゲットとし、商用サービス以外の用途として自動運転技術の研究開発プラットフォームとしても利用することができる。同サービスはすでにヤマハ発動機浜北工場で稼働している。

https://www.yamaha-motor.co.jp/

https://www.ut-ec.co.jp/portfolio/tier4

https://eveautonomy.com/

関連記事

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る