ヤマハとティアフォー、イヴオートノミー、工場内の自動搬送サービス 自動運転EVを新開発

ヤマハ発動機とティアフォー、eve autonomy(イヴオートノミー)は、新型自動運転EVを開発し、2022年夏から工場など閉鎖空間での搬送自動化に対応した自動搬送サービス「eve auto」を提供開始する。

イヴオートノミーは、2022年にヤマハ発動機とティアフォーによる合弁会社で、同社がeve autoのサービスを提供する。サービスはサブスクリプション型で提供し、初期費用と導入工事期間を抑えている。運行管理システムやアフターサポートもワンストップで提供する。

車両は、量産を見据えた小型EVとして新規開発。ティアフォーが開発を主導するオープンソースの自動運転OS 「Autoware」と、ヤマハ発動機の車体開発技術を掛け合わせて共同開発した。一定の段差・傾斜にも対応できる走破性と、天候や周辺物などの変化に対するロバスト性を有し、1500kgまでの牽引能力、300kgまでの積載能力を併せ持つ。

生産ラインの変化が大きい製造現場・工場や、広い敷地内での搬送ニーズがあるプラント、建物間の坂路を含めた搬送自動化が求められる物流拠点などをメインターゲットとし、商用サービス以外の用途として自動運転技術の研究開発プラットフォームとしても利用することができる。同サービスはすでにヤマハ発動機浜北工場で稼働している。

https://www.yamaha-motor.co.jp/

https://www.ut-ec.co.jp/portfolio/tier4

https://eveautonomy.com/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG