Moxa OpenChainプロジェクトに参加、オープンソース・コンプライアンスの業界標準確立へ

2020年4月15日

Moxaは、Linux FoundationのOpenChainプロジェクトに、プラチナメンバーとして参加した。

同プロジェクトは、サプライチェーン間でオープンソースのライセンス・コンプライアンスをよりシンプルで一貫性のあるものにし、オープンソースへの信頼を高めることを目的として活動しているプロジェクト。OpenChain仕様では、ソリューションを市場に投入する効率を最大化するために、コンプライアンス・プロセス、ポリシー、トレーニングを行うビジネスワークフローのインフレクションポイントを定義している。

Moxaのストラテジック・ビジネス・ユニット担当プレジデントのAndy Cheng氏は「MoxaはこれまでもLinux Foundationのいくつかの重要なプロジェクトにおいて強力なサポーターを務めてきた。今後、オープンソース・コンプライアンスの業界標準の確立に向けて、OpenChainコミュニティと緊密に連携していきたい」と述べている。

プラチナメンバーには業界をリードする各国の企業が名を連ねており、同社はOpenChain理事会に参加する初の台湾企業となる。