smk の検索結果

SMK Sigfox汎用トランスミッター、環境センサ標準搭載で手軽にIoT化

SMKは、低価格・低消費電力・長距離伝送が特徴のIoT向け無線通信規格・Sigfoxネットワークを用いた、オールインワン型のデータ送信ユニット「Sigfox汎用トランスミッター」を開発した。 同社は、Sigfoxサービス開始当初から各種通信モジュールを販売しており、ユーザーからの「実証実験をすぐに開始したい」という要望に応えるため、今回、環境センサ(温湿度・気圧センサ、加速度センサ)を標準搭載したSigfox送信ユニットを開発。一から開発する手間を省き、手軽なIoT化が可能になっている。 各種センサを接続できる内部インターフェースを装備し、センサの変更や追加、外付けセンサの接続も可能。電池駆動…


SMK マイアント社と提携、スマートテキスタイル市場向け電子部品を開発

SMKはカナダのマイアント社と、心拍数や歩数、カロリー消費量などをリアルタイムに収集するスマートテキスタイル(衣料型ウェアラブル端末)市場に向けた共同開発のため業務提携を行った。 マイアント社は、導電性繊維を織り込んだ衣服によって、身に付けるだけで生体データを計測し、取得したデータを周囲の他のシステムに接続する技術「SKIIN Textile Computing」を開発している。急成長しているスマートテキスタイル市場に向け、SMKは今後、最先端の電子部品を開発する。 今回の共同開発により、心臓の状態管理(心電図、心拍数、心拍変動数)、運動/活動計測(歩数、カロリー、活動や姿勢の認識)、睡眠管理…


SMK、独自スプリングコンタクト構造、はんだレス小型ドームスイッチ量産開始

SMKは、はんだレスで実装できるスプリングコンタクト構造の「ミニ1ドームスイッチ」を開発、3月から量産を開始する。 新製品は、市場規模が拡大しているウェアラブルデバイス向けに開発されたもので、小型外形サイズのまま、スプリングコンタクト本来のバネ機能・性能を損ねることなく基板により近い位置に実装が可能なドームスイッチ。セットの薄型化やロバスト性を向上させている。 身体に装着しての使用時に、落下や衝撃によるはんだ破壊でスイッチが基板から剥離し、機能不良が発生しないよう、新製品ははんだを使用せずに板バネ状の端子を基板に押し当てて実装する、独自のスプリングコンタクト構造を採用している。 薄型プッシュス…


SMK ワンアクションで組み立て、超薄型FPCコネクタを開発

SMKは、新規構造を採用した0.175ミリピッチFPCコネクタ「EN-175」を開発した。 FPCコネクタは、近年のモバイル機器の小型化の進展に伴い、狭ピッチで小型、かつFPCの組み立て作業性の高いものが求められている。 新製品は、コンタクト端子部がピッチ0.175ミリの幅狭構造で、実装高さ0.5ミリ、奥行き2.8ミリという超薄型・小型化を実現。スマートフォン、タブレッPC、ウェアラブル端末などのモバイル機器内のさらなる省スペース化に対応する。 また、N-ZIF構造(ハーフロック)採用によって、ワンアクションでFPCの組み立てができ、工数の簡略化が可能。


SMK、防滴・厚手カバーパネルに対応、両面ITOガラスセンサー静電タッチパネルを開発

当社はこのほど、両面ITOガラスセンサーを使用した静電容量方式タッチパネル“CapDuo Touch”のセンサーパターンを改良した”CapDuo Touch-2”を開発し、受注活動を開始しました。 センサーパターンを改良することで、自己容量方式/相互容量方式のハイブリット検知を実現し、防滴、グローブ入力や、昨今ニーズが増えている厚めの成型カバーパネルを付けた状態での入力にも対応が可能となりました。   CapDuo Touchシリーズは、ガラスの両面にXYセンサーを各々形成するガラス1枚構成を特長としており、ガラス2枚構成の”G1G”センサーと比較して、ガラスの貼りあわせ用OCA(透…


SMK 車載向けコネクタ ケーブル組み付け簡素化

SMKは、USCAR-30規格対応5Pinプラグ用コネクタを開発、10月から発売する。サンプル価格は2000円、生産能力は月10万個。 新製品は、カーナビゲーションなど車載機器間の接続用として開発したUSB2.0信号の伝送に適したインターフェース用コネクタ。独自の構造を採用することにより、ケーブルの組み付け作業を簡素化している。 外形寸法はW14.8×H15.4×D42.2ミリメートル(ブッシュ寸法含む)、使用温度範囲はマイナス40℃~プラス85℃で、主な用途はインフォテインメント機器(IVI、ディスプレイオーディオ、カーナビゲーション等)。 同社はすでにUSCAR-30規格対応コネクタとして…


SMK 新型モジュール 転送速度アップ

SMKは、Bluetooth5.0に準拠した小型Bluetooth low energyモジュール「BTS05シリーズ」を開発した。 新製品は、Bluetooth5.0で追加された通信方式2M PHY for LEに対応することで、従来品に比べ転送速度を向上。 Nordic Semiconductor社製SoC「nRF52832」を搭載したアンテナ一体型小型モジュールで、ユーザーが自由にアプリケーションを開発可能なブランク・モジュールとして提供する。 外形寸法は7.0ミリメートル×13.8ミリメートル×1.55ミリメートルで、動作温度範囲はマイナス40℃~プラス85℃。従来品BTS04シリーズ…


SMK、ケーブル組み付け簡素化 車載向けUSCAR-30対応5Pinプラグ用コネクタ開発

SMKはこのほど、USCAR-30規格対応5Pinプラグ用コネクタを開発しました。本製品は、カーナビゲーションなど車載機器間の接続用として開発した、USB2.0信号の伝送に適したインターフェース用コネクタです。 当社独自の構造を採用することにより、ケーブルの組み付け作業を簡素化しました。 USCAR-30規格対応コネクタとして、当社はすでに基板用レセプタクルを開発・販売しています。この度、プラグ用コネクタの開発によりレパートリーを拡充したことで、今後は、接続全体での提案を幅広く進めてまいります。 【使用用途】 インフォテインメント機器(IVI、ディスプレイオーディオ、カーナビゲーション等) &…


SMK、IoTビジネスに適した小型BLEモジュールを開発 

―Bluetooth 5.0準拠により転送速度向上― SMKはこのほど、Bluetooth 5.0(Bluetooth Version 5.0)に準拠した、小型Bluetooth low energyモジュール「BTS05シリーズ」を開発しました。Bluetooth Version 5.0で追加された通信方式2M PHY for LEに対応することで、当社従来品に比べ転送速度が向上しました。 本製品は、Nordic Semiconductor社製SoC「nRF52832」を搭載したアンテナ一体型小型モジュールです(外形寸法:7.0mm×13.8mm×1.55mm) 。 BTS05シリーズは、お…


SMK RFモジュール開発 UART制御に対応

SMKは、UARTインタフェースで制御可能なSub-GHz RFモジュール「WF924シリーズ」を開発した。汎用性の高いUARTインタフェースによる制御に対応したことにより、主に温度センサー向けだった従来シリーズ「WF921」と比較し、用途を拡大している。 新製品は、UARTインタフェースで制御可能な同社オリジナルのファームウエアを搭載しており、エンドデバイスモードとアクセスポイントモードの切り替えが可能。スター型1対N通信、および長距離通信が可能という特長も備えている。 また、電池駆動を想定した低消費電力設計のうえ、日本電波法に基づく工事設計認証を取得済みのため、機器の開発期間短縮に貢献。