SMK Sigfoxゲートウェイ対応モジュールを開発

2017年10月11日

SKMは、エンドデバイスとSigfox基地局間の中継機能を実現する「Sigfoxゲートウェイ対応モジュール WF923Gシリーズ」の受注を、10月から開始した。 Sigfoxは欧州をはじめ30カ国以上でサービス展開されているLPWA無線方式で、日本においても2017年春からサービス展開が始まり、さまざまな用途で実用化に向けた実証実験が行われている。Sigfox通信サービスは、屋内でも通信できるように基地局が設置されているものの、ビルの中心部や地下など基地局へ直接電波の届きにくい場所では、サービスの利用が困難になる課題がある。 同社ではこのほど、16年に発表したSigfox RFモジュール「WF…